ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君の明日、君は明日

今朝、駅の上りエスカレーターで前にいた人のジーンズに「EARTH」というタグがついていた。ケツに「アース」か、朝から洒落てるぜ。言われてみれば、尻こそ地球の象徴、地球そのものなのかも知れない。マザー・アス。

あんまり上品な話ばかりでは、本当にそういう系統の人しか見に来ないブログになっても困るといえば困るので普通の話も書かないとね。なんだかんだで珈琲屋に勤め出して半年が過ぎようとしてる。今までほとんど何もしてこなかったから、当然飲食業をやるのも初めてで、完全にゼロからのスタートとなった。狭いカウンター内でいかに効率よく動くか、刻々と変わる状況を察知していかに正しい優先順位をつけるか、お客様一人ひとりにどれだけ丁寧に接し、どれだけ気持ちよく帰っていただくか。そして説得力ある珈琲屋になれるか。半年やってりゃ体は自然に動くようになる。脳みそ、脳みそをまだまだまだまだ使わねば一人前とは呼べない。手作りドーナツもあるでよ今日も仕事終わりに行きつけの喫茶で一杯やってきたけども、ここ半年珈琲漬け。関西のありとあらゆる珈琲を飲もうとしている。飲もうという気はある。それぐらいの情熱はある。時間はない。
その中でも先日訪れた京都の「六曜社」のは別格に美味しかった・・・というのはうちの人間には内緒なんだけど、違うのは違うから認めるしかない。口にした瞬間体中に広がるかのように豊かな香り、苦味と酸味のバランス云々はもうどうでもよくなって、とにかく"味"が素晴らしい。いつか弟子入りをお願いしよかなとちょっと本気で思ってるほど。ハンドピックの徹底ぶりが違うのか、焙煎技術か、淹れ方なのか。全部ひっくるめて人間性だろうなと思う。料理にしろ、珈琲にしろ、作る人間があからさまに味に出る。そういうもんだ。ちなみに僕が淹れる珈琲は、お客様にも「美味しい」「美味しかったよ」とけっこう頻繁に言っていただけるぐらいだから本当にわりと美味しいらしい。同じ豆でも他の従業員はあんまり言われてないのに(へっへ)。誰か一度飲みに来ればいいんじゃないか。

六曜社の「インド」と「マンデリン」の豆を買って家で淹れて、うなる日々。
あの味はそうそう出ない
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/631-0ced0a7b

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。