ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カフェ・デン

ティム・バートンのスウィニートッドを観た。
のはちょっと前のこと。半分ホラーやったけども、さすがにしっかり作ってあってオモロかった。僕の中でジョニデといえばシザーハンズであって、白塗りのイメージが強い。だから今回観てて妙にしっくりきた。歌舞伎役者のようなイメージ。海老蔵。

日記を書く時間がないので必然的にさかのぼり日記になってしまって悲しい。
最近は脳みその8割が珈琲に支配されている。産地や精製方法、流通の知識、中南米、東南アジア、西アジア、アフリカなどの国名が頭の中をグルグルする。珈琲関連の器具も徐々に買い揃えていっていて、これがたまらなく楽しい。近々購入予定の電動ミルが揃えば、自宅にて最小「ぶりカフェ」オープンだ。らっしゃいらっしゃい。
出来上がりを待つのが楽しい
そんなこともあって貪欲に珈琲を探求する一環として、ベトナム料理屋でベトナムコーヒーにも挑戦。グラスの上にセットしたフィルターを通って、珈琲がポタポタ落ちる様子は「まだかな?もう全部落ち切ったかな?(パカッとフィルターの蓋を開けて覗いてみて)いや、まだか・・・もういいかな?(パカッ)」と、けっこうワクワクして楽しい。豆はロブスタ種の深煎り(予想)で苦みしかないので、コンデンスミルクと混ぜるとちょうどいい具合になったよ。予想以上に飲みやすかったので、普段のアラビカ種のストレートに飽きた時にはいいかも知れない。なんといってもこの手軽なフィルターが欲しい。
ベトナム料理自体も初めて食べたけど、あっさりしてて体によさげ。パンチには欠けるけど。また味を忘れた頃に食べに行きたいな。鳥がよく使われている
スポンサーサイト


コメント

海老蔵って、歌舞伎してるイメージないわぁ~。
見た事ないだけ。

ぶりカフェ、おいしいケーキも出るん??

なにやら「普段のアラビカ種のストレートに飽きた時にはいいかも知れない。」ってとこが、珈琲通の一文って感じ。

しかし、一日中珈琲の香りの中でおるんやろ?アロマやねー。
>ままま
そう、海老蔵って歌舞伎役者っていう肩書きしか知らんね。
あと目がギョロッとしてる印象ぐらい。たぶん白塗りしてると思うねんけど。

今日ミル買えんかったから、ぶりカフェのオープン遅れるわ~。
ケーキ?そんなんはHIROで買うよ。ライバル店やのに。ひぇ~。
いやいや、珈琲通にはまだまだ程遠いなぁ。毎日本読んで勉強勉強やよ。
まずは美味しく淹れられてナンボやね。

珈琲の香りはほんまエエもんやけど、店が暇な時は気持ちよくなって
眠くなるのが難点。珈琲テラピーって本書こかな。なんか響きが古い。

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/629-6962078c

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。