ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大日本人

1日に「大日本人」を観たので感想書かねば。

ネット上での噂によると、見事に賛否両論真っ二つ!の楽しい状況のようだけど、僕としてはすっかり満足。ニヤニヤして帰った。序盤、わりと長めに間をとってるという話だったけどそれも全然問題なく、むしろ心地よかった。そうそう、映画を観てる間中、ずっと心地よかったんだった。あんなにもグダグダで爽快感のない展開なのに、なぜあんなにも心地よかったんだろう?僕にも分からない。

松ちゃんの笑いがそこにある。哀愁も皮肉もあるだろうけど、突飛なストーリーを通してそんなのも全部笑いに変えている。人間というものを描くということは、格好よくありたいと願うと同時に発生する格好悪さとか、言った端から生まれる矛盾とか、自分の理想とは真逆のものを要求してくる世間の不条理とか、どうにも割り切れないものを形にするということだ。それが汚かったり楽しかったり哀しかったり、そして何より美しかったりする。こんなにアホでも憎めない、好きでもないのにいとおしい存在があるだろうか?理性と本能に翻弄され、自と他に挟み撃ちにされ、苦しみながらも笑おうとする生き物が人間以外にあるだろうか?ないよ。「大日本人」に白黒つけることは出来ない。なぜなら全身灰色に覆われた人間という存在を2時間余すところなく描いた作品だからだ。灰色の美。人に温かい映画。愛すべきは人間だ。4回ぐらい観たら何かを通り越して涙がこぼれるかも知れない。テイ・トウワの音楽も見事に空間を彩っていた。
スポンサーサイト


コメント

わし、二回見たぁ~!!!
哀愁=笑いになる
てのを見せるのがほんまうまいなぁ~。
神木くんの台詞がほんま意味わからんすぎておもろいな。
ビジュアルバムまた見たくなった。
誕生日近いから買って!!!
>まるぽん師匠クラス
わてももっかい観たい~~!!
何度か観たらまた違った楽しみ方できると思うねん。
神木くんとこが一番シュールやったね。エエ仕事しとるわ。
松ちゃんの笑いは、最近の瞬間芸のような子供騙しなもんちゃうから
パッと見の奇抜な印象だけで判断する人やとちょっと辛いかもね。
色んな視点が含まれてるからオモロいんやけど。

なるほろ、ビジュアルバムをプレゼントにか。
ほな考えさしてもらおやないかぇ~(なんか偉そう)。

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/557-089c0515

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。