ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芳しき街 <後編>

最高峰三連駅前をあらかた回ったところで、商店街を抜けて玉造方面へトコトコ歩く。打って変わってマッタリだら~っとした空気になる。道が広いのはいいけど、人が少なくてあまりに殺風景。玉造日の出通り商店街を一応覘いて、公園で少し休憩してまた鶴橋に戻った。時刻も18時を過ぎた事だし、あの「鶴橋風月」の本店で夕食をいただく事にしたよ。本店だからって、他の支店と大して変わらへんのちゃうん?と軽く見てたら大間違い!野菜のシャキシャキ感も甘さも生地のフワフワ感も違っていた。焼きそばも目の前で焼いてくれて美味しかったなぁ。さすが本店、その名に恥じまへんわ。

店を出たら辺りは暗くなっていて、昼間以上の活気に溢れていた。
鶴橋の本領発揮。週末、関西各地から様々な人が集まって、肉を喰らいキムチを喰らい、酒を飲み、笑い合うためにここを訪れるのだろう。惹き付ける街だ。またお金を持つようになったら行って、今回以上にはしゃぎたいと思う。

後編どうぞ。ぶりPもよろしく。

何も起こりまへんけど
牧歌的鶴橋玉造間。の~んびり。

収集とはバッテリー。バッテリー。バッテリー幸治。

爪も鋭いペットショップの水槽にいたスッポン。首が伸びたり縮んだりね。

複合型中華、洋食、たばこや。なんや。なんでや。なんなんや。

貫禄の味記念の1枚。また食べに行こ。

ようこそ鶴橋へ的な
楽しげな夜の鶴橋。なんか皆に見られてるな(照)。シー・ユー。
スポンサーサイト

コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/541-d7a3132a

 | HOME | 

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。