ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんなんてダリやん

海と赤の6番
よく晴れた日曜日に大阪港へ。
サントリーミュージアムのダリ展に行って来たよ。ようやっと。GWの混雑を警戒して朝10時半ぐらいに行ったけど、それでもけっこう混んでて近くでじっくり観るには時間が掛かった。美術鑑賞においてはぞろぞろ列をなして観たくはないんだけどね。絵が見えないんだから仕方ない。

例えば百貨店やらなんやらでよくやってる「20世紀の巨匠展」みたいなのを観に行っても、ダリの作品はお見掛けしない。ピカソなんかは本当によく観るけどダリはない。作品数がだいぶ違うんだろう。そんな訳で、ダリはダリ展でしか観れない(と思う)。
僕はダリが好きなので、美術本やTVでその作品をよく見てきた。どのようなものを描くかを知っているし、どんな人物だったかも大体把握しているつもりだった。いわゆる変人。が、初めて観る本物はそのイメージをさらにさらに悪魔的に呪術的にした感じで、「不愉快さの快楽」とでもいうような精神破壊的芸術であった。まして彼の作品に対し、こうして御託をゴロゴロ並べたところで何の力もない。写真で見る彼の目はとても澄んでいて、とんでいて、静かな暴力性に満ちている。エロくグロくナンセンス、愛憎であり、文学であり、SMショーであり、生であり、彼が世に放つとても密やかで大胆で確かな美であった。

会場には家族連れもいっぱい。親に無理矢理連れて来られたであろう少年は出口ももうすぐという所で「(ええ加減)これ何なん!?」と、不機嫌そうに叫んでいた。あぁ可哀想に。だが、子供に分かってはいかんのだよダリは。だってそれはダリだから。ピカソでもモネでもゴッホでもなくダリだからね。
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/521-aa621784

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。