ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただいまを言いに

金曜は歯医者の日。前回と同じ所をゴリゴリガリガリとやられて15分ぐらいで終わった。来週ようやく何やら詰めてもらえるらしい。もちろんそれが終わっても他の箇所が待ってるけど。はぅ。

実家に寄ると、母と姉の旅行話を聞かされた。一泊で島根→山口→広島、そこから新幹線で帰宅したそうだ。せわしいこっちゃ。旅館の窓から海が見えただとか、錦帯橋がどうだとか、宮島はやっぱ綺麗だったとか、とにかく大満足だったらしい。写真も見せてもらったけど、あの辺りはただの田舎ではなくてちゃんと考えた街づくりがされていて、実に「日本的」で綺麗だ。無意識に落ち着けるように思う。京都もそうだけど、帰って来たような感覚を覚える場所がある。ふとそんな場所を求めている時がある。いわば残っている所。残念ながらうちの近所はあまり残ってないから、足を使ってでも赴く。僕らはこれからもずっと、ふと求めていくのだろう。
スポンサーサイト


コメント

バイパスは迂回せず 簡単にトラバース出来て便利だが
旧道を辿る楽しさには理由が見付からない 

数々のファミレスやら 大型書店やら ガラス張りの自動車メーカーやら
煌びやか過ぎる物達は眼をすり抜けて 止まらない

何代にも受け継がれているであろう 金物屋だったり 乾物屋だったり 花屋だったり 店の片隅で店番をする代を譲った爺様婆様がご近所さんとお茶なんか飲んでたら もぅ 眼が釘付けである

慌しく時間に縛られた バイパス生活が続くと
用事も無いのに 旧道を通りたくなる

顔見知りになった店で 豆を買い 煮 花の苗を買い 植え 揚げたてのコロッケを買う

私も何かを求めている。
>セィちゃん
この日記で言いたかったことズバリ共感いただいて嬉しいな。ありがとう。

>店の片隅で店番をする代を譲った爺様婆様がご近所さんとお茶なんか飲んでたら
これオモロいね。鶴瓶の番組を思い起こしてまう(笑)。
素敵な光景やと思うねぇ。うん。写真撮りたなる。

前に中尾彬が「オレは人間の匂いのする場所が好きなんだ」と言っててね
僕もそやなと。人間がいる形跡がある所、ザラザラしてる場所が好きやねん。
店も街も使われて踏ん付けられて形が変わってシミが出来てボロボロになって形作られるもの。そうして不特定多数の想いが沁み込んで、色のある場所になる。店でも街でも色がないと全然オモロない。便利で機能性があっていかにもスッキリとしたものって、「へぇ~そりゃ凄い」で終わってまうからね。無味無臭。いつまで経っても味なんか出ぇへん。

疲れようが無駄足だろうが、これからも歩いて見て聞いて触って話して写真撮っていきますねん。目的達成とは別の部分で、「あぁオレ生きてるなぁ」と感じていきたいねん。それが感じられな嫌やねん。

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/503-f7ca8580

 | HOME | 

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。