ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


服飾適合性

こないだセーターを買ったんだけど、思ったよりも首周りが空いてるから、中にヘンリーネックか何かの首元に少しアクセントのあるものを着ねばならない。しかも色は白に近いのが良いと思われる。タンスにそんなの入ってないぞ。だから困ってる。

昨日はダイアモンドシティのユニクロと無印とMethodとGlobal Workを覘いたけど、ない。今日はつかしんまで行ってRight Onも見たけど、ない。自分の中にイメージがあって、それに合うものが見つからない。襟付きのカッターのようなものもいいかも知れないが、あくまでパリッとしたくない。あのセーターいつになったら着れるんだろう?

しかしながら、ほぼ同時に買ったジップアップのニットジャケットは、まるで僕の為に作られたかのようにピッタリだったので(はいはい)大満足。どちらもオークションで安く買えたしなぁ。着て外へ出るのが待ち遠しくてワクワクする。完全に自己満足だけども、これがファッションの醍醐味ではなかろうか。
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/487-cd0f626b

服飾について

服飾服飾(ふくしょく)とは、人がその生まれたままの身体の上にまとう衣服、装身具(装飾品)などのすべて。それは時代や文化によって変わっていくもので、またそれぞれの民族の住む環境により、手に入る入らないといった問題や、そうした生活上の条件に左右されての美的価値

 | HOME | 

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。