ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紫陽花

ひでぼん劇団テトラクオリティの舞台、『紫陽花』を観に行った。
劇場は、心斎橋近くの"ウィングフィールド"というまるでオリックスのホーム・スタジアムのような名だったけど、残念ながら球場ではなかった(当たり前だ)。雑居ビルの中、羽ばたかないための翼(ウィング)があってもいいと思う(余計なお世話だ)。なぜか知らないけど学割が効かなくて「今回は皆さん共通で1500円でご覧いただきます」キッパリと言われたので泣く泣く払ったよ。我々のフィールド、中古市場での500円の大きさを知らないからそういう事ができるんだ、と言っても仕方ないので言わない。にしても、学割も今回が最後だったろうから活かせなくて残念。

お芝居はというと、ひでぼんとその横にいる女の子が夫婦漫才的なことをして、それに主役の男の人が見事につっこむという話。違うなぁ。今回はSFではなく、その辺に転がる日常を切り取ったような、地味で切ない僕の好きなタイプの話だったよ。主人公は紫陽花に頼るほどの弱さが感じられず、たぶん僕みたいなけっこう何事にも動じない人間だと思うので、紫陽花の意義はあまりないような気がしたけど。大体男が花に話しかけるのもそーとー気持ち悪い・・・って悪口はこの辺に。いいとこもたくさんあったよ。ひでぼんは相変わらずブレのない感じだったし、横の女の子との掛け合いも見事だった。観ていて楽しかった(あの輪の中に入りたいと思った)。櫻井さんは、いつになく清楚でしっとりした役で、陰のある感じがよかった。で、主演の有留さんが最高。ファンになりそう。間と声のトーンが絶妙だったなぁ(って結局いつも話し方しか見てないかも)。彼の出る作品ならテトラ以外でもまた観たいと思ったよ。

1時間ちょっとだったから観るの楽だった。
2時間くらいあると立ち上がって走り出したくなるのだ。
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/291-8181b12a

 | HOME | 

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。