ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コトバ漂流

ひでぼん出演の創作集団Neo-Spiritの舞台『コトバ漂流』を観に行ってきた。会場はアイホール。伊丹の人間ならJRを使う際にほぼ100%目にする所でありながら、一度も中に入った事がなかった。いつも横目でチラ見してたけど、入った事はなかった。ダンスの先生のライヴを観るという、道に迷った見知らぬ女性をそこまで案内した事はあるけど、僕自身には無縁だった。この話はもういいですかね。

ひでぼんが舞台で転がってるのを観るのは6月の"HOPE"以来。あ、転がってなかったか。今回のお話は色んな人が時空を越えたり越えなかったりして、Back to the Future的な趣があった。面白かったよ凄く。

ひでぼん演じるなんちゃらさんが、けっこう浮世離れしたフワフワ感のある女性を好きになり結婚し子供ができ、それから・・っていうね(それからが大事なんだけど)。恋とか愛とか過去とか未来とかね。シリアスでした。ひでぼんはどちらかというと悪役。すんごいハマッててよかったと思う。台詞に迫力があってカッコよかった。彼の言葉にグッとくるものがあったし、考えさせられるものがあった。僕も大切な人のことを思い浮かべたし、そして少し泣きそうになった。演技の事はよう知らんけれども、惹き付けるものを持ってるいい俳優さんですよ。惚れたね。なんだかベタ誉めでアレなんだけど、話がけっこう複雑なわりに個々のシンプルな感情が伝わってきたから非常にいい作品だったと思う。素晴らしかったです。タダで観させてくれてありがと(コレばっか)。

他の俳優さんは、まずあべじゅんこさんの話し方が魅力的。言葉のリズムが心地よい。可愛い。高津さんは前に一度拝見したけど、やはりホワ~ンとしてる。通常考えられないぐらいホワ~ンとしてる。キャラなのか天然なのか気になる。日常生活は大丈夫なんだろうか?(失礼) でも可愛い。好き。あと山本さんのサンタってキャラがずっと井上マーに見えてた(切ない叫び多し)。

終演してアンケートを書いてロビーへ出たら、ひでぼんがいたので少し話した。皆様ご承知のように友達の友達という妙な間柄なので、中途半端に親しげな感じの会話を交わし、別れる。外へ出てしばらく歩いて寒いな~手袋でもしよか~と思ったら、ない。座席の所に置いてきてしまった。急いで取りに戻ったらひでぼんが手袋を握ってた。どもども。そこでまた中途半端な照れ笑いをして、それを受け取るのだった。こういう感じ好きなんだよ。うまく言えないけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/273-ddcaa4d2

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。