ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


形而上ならば神秘的

療養という名目でさぼってました。もう一度言います。さぼってました。
心配された方はありがとう&ゴメンなさい。冗談抜きでさぼってました。

9月最後の日にはデ・キリコの展覧会に行ったよ。これがね、予想以上の難解さで・・・いや、芸術に理解なんてのは無用なんだけども。客層はオッサンばかりで皆難しい顔で作品を睨んでたけど、たぶんほぼ全員頭がこんがらがってたと思う(笑)。作品コンセプト・タイトルはとにかく「形而上」「神秘的」という言葉の連発でして、作品には大概「マネキン」が出てくる。マネキンはとてもラインが美しく、無表情で(当然)冷たい雰囲気がかっこいい。

僕は立体作品のマネキン像が好きだった。ああいうのを部屋に置いとくと、誰かが遊びに来た時にわりと謎めいた人間を演出できるんじゃないだろうか。

「ぶりさんって何処かミステリアスなのよね。アタシそそられるわ」
・・言われてみたい。形而上ではなくて。

※形而上→時間・空間の感性形式をとる感覚的現象として存在することなく、それ自身超自然的な、ただ理性的思惟によってとらえられるとされる存在。(広辞苑より)
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/219-61bdb09d

 | HOME | 

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。