ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京JAZZ 2005(20日の話)

東京ジャーズ看板大変遅ればせのご報告。東京JAZZ 2005観に行って来ましたよ!会場は東京ビッグサイト。近未来的でなかなか迫力のある建物でして、やたらに広くて気持ちい場所にあったよ。遠くにお台場の観覧車が見えた。

節約して"立見席"で楽しんだ訳ですが、やはり数時間立ったままは辛かった。来年は指定席を買おうと思う・・って、そんな事はともかく感想ね。凄い事になるとは思ってたけど実際は、とんでもない事になっちゃってました!!脳が揺れるというか脳味噌がドロドロにされるというか味噌汁が飲みたいというか味噌汁のような演奏だった。違う違う。とにかくあの迫力を文章にするのは不可能やね。ズバズバと鋭い雷に打たれるような、ゴウゴウと猛烈な濁流に流されるような、或いはプカプカ雲の上に浮かんでいるような感覚。激烈よ。至福よ。

上妻さんは、非常にタイトなロック寄りの演奏でカッコよかった。ガシガシとビートで押してくる。サウンドも凝っていて、特に民謡とのコラボはガムランばりに幻想的な雰囲気もあって興味深かった。イヴァン・リンスは、陽気なオッサンで楽しかった。ブラジル語で掛け合いをされてもこちらは理解できない訳だけど、めげずに頑張ってたよ(笑)。サウンドはパット・メセニーに近い印象。幸福に満ちた音楽だった。お目当てのニルス・ペッターは、やはり素晴らしかった!益々好きになったよ。孤独を背負うかのような寂しげな音色。センターに仁王立ちでカッチョよかったー!そして、ハービー。侮ってました。ゴメンなさい。もっとシンプルにチョロッとやるのかと思ったらとんでもない!手抜き一切なし!ゴリゴリのヘヴィ・ジャズよ。彼がジャズ・ジャイアンツの一人だという事を再認識しました。

ありがとうみんな!ありがとう東京ジャズ2005!来年も行くぜぃ!
スポンサーサイト


コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/192-b0d3e27e

Novo Tempo (Ivan Lins)

「DOMINGO」1曲目の「Coracao Vagabundo」を最終曲にてカバーしています。お好きなようでしたら、是非イヴァン・リンスのバージョンもお聴きになってください!

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。