ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光と影のシンフォニー

マッチ売りの少女

西宮市大谷記念美術館で開かれている"藤城清治の世界展"に行って来ました。夙川の近くにあって初めて訪れるから道に迷うかなと思ったけれども、そこは方向感覚抜群ですから問題なかった。夙川沿いは舗装がきちんとしてて快適ですね。春には桜が綺麗らしい。

で、感想。めちゃめちゃ良かった!(⌒▽⌒)
メルヘン&メルヘンなのでやはり女性に人気があるけど、僕もこういうの最高。版画とカラフル好きには堪らんね。本の挿絵から各市町村向けの大作や壁画まで、圧巻でした。技術的な所は言わずもがな(やけに語ってる人多かったけど・・)、観る者を否応なく和ませる藤城ワールドですよね、なんといっても。小人・馬・猫・魚・観覧車・木・楽器といった面々がレギュラーメンバーで(笑)度々登場。きっと彼らは作者の中にいるんでしょう。あらゆる色とモチーフがリズムを生んでいて(グルーヴ)非常に音楽的だと感じました。楽しげな作品からはマーチ、寂しげな作品からは風の音が聴こえてくる。作品を観るというより、聴いている感覚さえあって、そこが心地よいんですね。世界をここまで優しい目で見られたらいいだろな~と思った次第。

噂の藤城Tシャツもあったけど高いから買わずに(笑)結局図録だけ。銀河鉄道の夜の絵本を買っときゃよかったな、と帰ってから思いました。んん~。
スポンサーサイト


コメント

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/135-cbfbe1c0

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。