ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モ・クシュラ

1日にミリオンダラー・ベイビー観て参りました。
こんなに感想の書き難い作品もなかなかないんじゃないかと思うんだけども、何かしら書かないとね。あまり参考にはならないでしょうよ。

余計なものが一切ない。小手先のテクニックでないからズシリと重い。よしぉちゃんの言う通り、涙系の作品ではない。むちゃくちゃ大雑把に捉えれば、いわゆる"救い"を描いてるといえるのだろうけど、そう単純ではないしなんとも形容し難いもの(ある意味ショッキングな)があります。思い浮かべるのは「海辺のカフカ」。あの作品にはそれぞれ大切なものを喪い、またそれぞれのやり方で救われる人達が出て来ます。人は生きている限り、あらゆるものを喪い続ける。そしてそれが決定的な場合もある。たとえ生き長らえても癒えることはない。しかし何かのきっかけで、誰かとの繋がりで、人はしかるべき場所に辿り着く事ができる。人はどんな悲しみをも包んでしまう存在を見つけられるんですよ。作り出せるんですよ。

・・だいぶ抽象的でずれた感じもしますが、そんな映画です(どんなだ)。そもそもあまり語る必要がないと思う。語らずに胸に刻むような作品。観終わってからさらに深く染みていく。アカデミーもわりに捨てたもんじゃないよね。
スポンサーサイト


コメント

トラックバックありがとうございます!

って何やここ!ぶりかい!何や見覚えあるな思たらおのれかトラックバックしくさったんは。でもおおきに!わいは地球上でただ一人取り残されとる思うとったけどそうやない。そうやないねん。

まぁうちはあらすじはおろか見所すら書いてない気がするから、大体皆素通りだよね。いいよ一人で楽しむから。ぐすん。そうそう、ブルースムービープロジェクトというDVDが何本か出てるけど、イーストウッドの『ピアノブルース』は超いいよ。うちに来たらDVD見したる。
どういたしまして!あんなもんは朝飯前や!
おんどらトラバッたらんかいワレぇ~ゆうてな。ほんま大阪湾で泳いだろかい。地球上でてワレ大袈裟やでワレこらぁ。何をゆうてケツかる。そんな奴おらへんでぇ。ワテようゆわんわ。

今見に行ったらコメント入ってたよ、よかったね。うちなんかはわりにひいきしてるけどねぇ。レビューって作品の優劣を数値化する作業ではなくて、結局自分の目線を書いてるに過ぎないのに気付く。作品をネタにして、何処まで掘り下げられるか(話をずらしていくか)に命かけていこうよ(最悪)。

そのプロジェクトって、前にスコセッシがどうとか言ってたやつかな?9minutesを訪れるといつもレイ・チャールズが微笑みかけてくるから気にはなってた。万博のついでにそっちまで行こうかな。
ふぅむ
見終わってからじわりじわりと
染み入るカンジってなんとも(・∀・)イイ!!
見る予定・・・には入れておきたぃでつ(。-_-。)
うん、たぶんなつめさんの嗜好に合ってると思うよ。
『コーラス』を観に行かれた人だもの、間違いない(笑)。
予定といわず、今週中にでもどうぞ。さぁ!さぁ!ほれほれ!
おひさです。
映画話は参加したく顔出します。
これはあまり食指が動かなかった作品。だってあまりにアカデミー賞アカデミー賞って。そりゃクリント・イーストウッドだし、モーガン・フリーマンだし。いい映画ってことが観る前からわかってしまうのって、観る気がしない天邪鬼|_-。) ポッ
とはいえ、映画評論家ではなく、TVCMで「泣けました!」という一般人じゃなく、ぶりしゃんが「いがったよ」というなら観てみようかという気になります。けっしてお世辞じゃないです。ヨイショです。
しかし映画館に足を運ぶことはまずないと思われます、DVD販売待ち也。
映画ファンじゃないな、これわ・・・。

ご無沙汰致しております。その節はどうも。
ヨイショされても僕に出せる物といえば金ぐらいしかないけど、
受け取って下さいますか?(もちろん嘘でっせ)

でもこれ全然いい映画じゃないですよ。ヒラリー・スワンクは結局最後まで出て来ませんでした。イーストウッドとフリーマンが老体に鞭を打ち、ただひたすら殴り合う映画です。途中で片方が発作を起こして倒れるシーンがおかしくておかしくて・・・あれ?それ違う映画だったかなぁ?海賊版かも(はいはい)。

で、ここから真面目に書くと、これは世にはびこる安上がりな感動映画とは一線を画してます。泣きたい人は泣けばいいけど、そんな収まりのいい作品じゃない。観終わって「あ~よかったよかった。じゃ、帰りにカツ丼でも食うか」とは絶対なりません(笑)。僕もかなりヒネくれてる方なので、普段アカデミーとかいわれるとそれだけで敬遠しちゃうんですが、監督が監督だしね。ま~DVDであれ何であれ、ゆりさんが観たいと思った時に観てみて下さいね。
はい、気が進まないけど受けとります、お金。
・・・あ、嘘ですか、そうですか・・・・・・

安上がりな感動映画なら、まずみませんから。
そうじゃないみたいなので、みます。DVDで。しかもレンタルで。
☆-(ノv_v)八(v_v*)ノイエーイ
のっていただいてありがとうございます。
今度はもうちょいまともなジョークを考えます(反省)。

DVD買って見たら、劇場で観るより高くつきますもんねo<-∀->o
TSUTAYAで借りて下さい。他でも構いませんが。
イエーイ!どうも高島忠夫です(ふるっ!)。

コメントをどうぞ

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://buridai.blog2.fc2.com/tb.php/121-beed5a4b

「ミリオンダラー・ベイビー」劇場にて

ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリント・イ

「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ

ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい

 | HOME | 

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。