ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


温年へ

最初のいーっかい寒い寒い大晦日の夜に満を持して向かったのは、奈良だった。
そう、大仏様のお姿を拝見して年を越えようやないか!これほど縁起のいい新年もないやんか!ってな魂胆であります。意外に若者達で混んでる近鉄電車にて揺られること数十分。一歩降りたらばそこはもう奈良。空気はキンキンに冷えておる。でもでも、パッチにマフラーに毛糸の帽子、背中と足にはカイロを装着。完全武装でへっちゃらさ。いやいや、それでも全然さぶいっす。奈良さぶいっす。帰りたいっす・・・とは思わない。向かうは東大寺!!

歩いて歩いて23時半頃に東大寺到着。大仏殿に入るための超長蛇の列を横目に、我々はみたらし団子を食べながら、鐘(国宝)の方へ向かった。生で「国宝の」除夜の鐘を聴きたい!坂を上って鐘の所へ着くと、そこはもう人だかり。いよいよ0時になり、お寺の方が1回目の鐘をゴーーーーーン!!!!2008年やで~!あけましたぇ~!深く重く豊かな音色をただ穏やかに響かせる巨大な鐘。そこには確かに途方もない歴史が刻まれていて、人々のあらゆる祈りや、いつかの風や雨の匂いや、或いは2008年現在という時が、音となってはまた消えていき、また音となって世に響き渡った。また一つ鳴らされ、歴史は刻まれ続ける。一度目が終わるとあとは一般の人が8人ずつ紐を持ってゴーーーン!!とやる。「紐持って。そう。今や!放せ!」鐘をつくというより、ただ握った紐を手放す行為。それでもなかなか楽しいもんだ。

さてさて、除夜の鐘を満喫したところで、いよいよ大仏殿へ!と思ってはみても、前述の超超長蛇の列。並んだよ。そりゃそうさ。寒さに耐えて耐えて数十分。遂に我々も大仏殿の中へ。ぬぉ~~!いきなり大仏様のお顔がドーーーン!!(特別にお顔の所だけ扉が開けてある) いやはやなんとありがたいことだ。そして念願のご対面。大きい・・・そりゃ大きい・・・しかし、それだけじゃぁない。この包まれるような温もりはなんたるや。寒さを忘れさせる包容感。ぐるり一周拝見いたしましたが、僕は終始、大仏様の放つ圧倒的な温かさに魅了された。そして最後に祈りを捧げようと手を合わした瞬間、なぜだろう目頭がぐぐぐと熱くなった。僕の全ては裸になって、約20年ぶりにご対面した大仏様にただ、今生きている感謝をお伝えした。ありがとうございます。

元旦に大仏ってエエやん?結果は良過ぎた。何かあの大きな手で、今後の後押しをして下さったようにさえ思う。今年も頑張れる。その次もその次もずっと頑張れる。また次回は明るい時に、また違ったお姿を拝見しに行くよ。そうするよ。

皆様あけましておめでとうございます。

続きを読む »
スポンサーサイト

年の瀬 '07

30日に仕事納めになり、帰りにそのまま近所の京風炉端の店に入って、彼女と二人で忘年会。久々に飲んだね。冷酒に熱燗をぐいっとな。僕はほとんど飲めない口やけど、なんせその店は魚が美味しいので日本酒とよく合うからしてお酒も美味しい。店員の数が少ないのか何なのか毎回料理が来るのが遅くてイライラしがちなんやけど、それでも待っただけの甲斐があったなというだけの質の高い料理が出されるから、んじゃまた来ようと思ってしまう。今回はアン肝にも挑戦し、これがまたお酒に合って最高やったっす。帰りは二人して足元フラフラになりつつもなんとか家路に着いたとかなんとかかんとか。もう2007年にやり残したことはない。

と思ってはみても、明ければ大晦日であって、やり残したも何ももう後がない!
トイレ掃除に風呂掃除。約2時間。近所の花屋で花束を作ってもらい、それを持って母の見舞いに行く。暇そうにしてるかと思ったらテレビを見てつっこんで笑ってた。母は病室にも関わらず、普通の声(大きめ)で話す。家かここは。元気だ。周りの方々に迷惑だ。1時間半ぐらいダベッてたら姉がやってきたのでそこで交代。お役御免で帰宅。そこから彼女の家にお邪魔して年越しそばをいただいたりなんたり。紅白見ないと思ってたけど時間的にけっこう見たよ。全然面白くなかったけど坂本冬実はカッコよかったな。
そいでからそいでから、夜22時前。我々は家を出るのだった。カチャッ。続く。

 | HOME | 

« 2008-01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。