ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誘惑の桃色恐怖

天保山付近
それにしたってダリ展はよく繁盛していた。我々は午前中に行ったからまだ良かったものの、午後はとんでもなく長い行列が出来ていた。ミュージアムに入るのに並び、絵を観るのにまた並ぶ、こういうのってあんまり楽しくないだろうな。横の海遊館なんぞは、おそらく人が溢れて溢れて、水槽にまで人が入っていそうだ。そらないわ。

ダリ展は作品数が多く、また中身もアレなもんでとても疲れた。足より何より、頭がグルグルするからとにかく休憩だ。とか言って天保山公園まで行って昼食。お手製の弁当で打って変わって元気爆発!なのか何なのか、そこからはトレーニングばりに歩いた。海沿いを一通り歩いたら予定がなくなったので、中央線の帰りの一駅分歩く。大阪港→朝潮橋。到着。もう一駅いけるんちゃうか?よし行こう。朝潮橋→弁天町。到着。も、もうちょっといけるなぁ。弁天町→九条。到着。おーいぇ。さて何kmあるんでしょう?僕は怖くて知りたくもないので、知りたい人はどうぞ調べて。俺たちタフだぜ。

続きを読む »
スポンサーサイト

なんなんてダリやん

海と赤の6番
よく晴れた日曜日に大阪港へ。
サントリーミュージアムのダリ展に行って来たよ。ようやっと。GWの混雑を警戒して朝10時半ぐらいに行ったけど、それでもけっこう混んでて近くでじっくり観るには時間が掛かった。美術鑑賞においてはぞろぞろ列をなして観たくはないんだけどね。絵が見えないんだから仕方ない。

例えば百貨店やらなんやらでよくやってる「20世紀の巨匠展」みたいなのを観に行っても、ダリの作品はお見掛けしない。ピカソなんかは本当によく観るけどダリはない。作品数がだいぶ違うんだろう。そんな訳で、ダリはダリ展でしか観れない(と思う)。
僕はダリが好きなので、美術本やTVでその作品をよく見てきた。どのようなものを描くかを知っているし、どんな人物だったかも大体把握しているつもりだった。いわゆる変人。が、初めて観る本物はそのイメージをさらにさらに悪魔的に呪術的にした感じで、「不愉快さの快楽」とでもいうような精神破壊的芸術であった。まして彼の作品に対し、こうして御託をゴロゴロ並べたところで何の力もない。写真で見る彼の目はとても澄んでいて、とんでいて、静かな暴力性に満ちている。エロくグロくナンセンス、愛憎であり、文学であり、SMショーであり、生であり、彼が世に放つとても密やかで大胆で確かな美であった。

会場には家族連れもいっぱい。親に無理矢理連れて来られたであろう少年は出口ももうすぐという所で「(ええ加減)これ何なん!?」と、不機嫌そうに叫んでいた。あぁ可哀想に。だが、子供に分かってはいかんのだよダリは。だってそれはダリだから。ピカソでもモネでもゴッホでもなくダリだからね。

レインメイカーズ

雨粒とアンテナ
関東はもっとヒドいようだけど、こっちも何かと降っている。雨ばっか。
きっとこれから夏になるぞ!という自然界の意気込みの表れだろうと僕は解釈している。自然界であれ人間界であれ、何か次のステップへ進むための準備段階には涙が付き物。気持ちは分かる。僕だってよく泣くさ。とはいえ、雨が天の涙かどうかは知らないけど、そう言ってた方が浪漫があってよいし、そうでないとこの文章の筋が通らなくなってしまって元も子もないからね。

そんな訳の分からない前置きはともかく、今日は雨を捉えてみたかった。
ベランダという小さな世界で。モノクロで。ペットボトルは水遣り用なのだよ。

続きを読む »

水鳥たちの夕べ

手前は白鳥、奥は鴨気が向いたので先日の昆陽池の写真をアップ。
なんかもう鳥ばっかりやね。ちなみにこの記事は22日午前(真夜中)に書いてる。明日は書けなそうなので、FC2ブログの「タイマー投稿機能」を初めて使った。上手く投稿されていれば毎日更新してることになって、これには僕もウハウハ。何がウハウハだ。

続きを読む »

馳せては馳せて

いつか飲んだ珈琲。相手は紅茶。
一日中長袖のTシャツ一枚で過ごせたということは、もうさすがに本当に暖かくなるようだ。春かと思えばすぐに夏。こうして季節は巡る。よかったよかった。

明日はダリ展に行く予定だったけど、雨が降るというので、というかもう降り出してるから中止。あーあ。新聞屋に優待券を貰ったのはもう随分前のことで、行こう行こうとはしてるのにその度に天候やら何らかの予定が入って阻まれる。ダリは僕を拒んでいるのか。うちの部屋を見てくれよ。柳原良平のと一緒に、あんたのポスターずっと飾ってるぞ。意地悪するなよ。と期待は益々膨らむばかり。代わりといってはなんだけど、林俊作の絵を再度観て来よう。明日は生で描いてくれるらしい。

昨日に引き続き、寝る前になって梅酒の残りを飲んだ。不味くはないけど特別美味しいとも思わない。こんなに味を濃くする必要があるのかな。わしゃ美味しい珈琲が飲みたいよ。

梅ナイト

野球ってとんでもない。
昨日の大逆転負けも相当なもんだったが、そんな悪夢をたった一夜で払拭するような試合が見れるとは。恐れ入ったよ阪神に。このスポーツに。
最終回12回の表で3点入れられたら、誰かて負けると思うやん。地上波がさっさと終わってしまったので、わしゃラジオ聞きながら9割諦めてたよ。半分寝掛かってたよ失礼ながら。とにもかくにも狩野おめでとう!!なかなか調子の上がらない阪神だけども、今年もまだまだイケると思わせてくれてありがとう。
豊田しゃんとせぃ。

本日は例の如く歯医者に行って、何やら詰められた。
毎週同じ所をガリガリやられて一つ一つ説明もしてくれるんだけど、結局理解できぬまま何かを詰められて帰って来てる。きっとかなり難しい治療なんだろうと思う。そう思うようにしている。

気分がいいので梅酒でも飲んで寝よう。オバハンか。

池林タワー

先月と打って変わってサボりまくりのこのブログ。ホンマすんまそん。
久々に文字だけの日記書こ。

わが伊丹市には「昆陽池」という、わりに大きい池がある。周りは公園になっていて桜も綺麗なので、この季節になるとそこを覗くようにしている。これまではボナパルで「よう咲いてるなぁ」と通りすがりに眺める程度だったけど、今回はデートということでゆっくり見回れた。こんなにじっくり楽しんだのは小学校以来で新鮮新鮮。鴨や白鳥、アヒルに鳩、大量のカラス(昔はいなかった)にヌートリア、全員にきっちり挨拶してきたよ。みんな人に慣れていて全然逃げない。白鳥なんかはいかにも大物の風格で、どっしりしとる。あれには見習うべきものがあるね(ホンマかい)。写真は気が向いた時、もしくは熱いリクエストがあったらアップしま。

その前後もチャリンコで実家の前を通ったり、伊丹一といわれるたこ焼き屋に行ったりしたけど、それはもう先週の話。今週月曜日には、HEPで林俊作(弱冠14歳)の個展を観たり、映画「東京タワー」を観たりした。時間がなくて個展はさらっと観た程度だったけれども、その確固たる世界観には驚愕。サイトもあるので興味ある人は見たらエエねん。見て椅子から転げ落ちたらエエねん。え?東京タワー?んーとね、観たよ。観た観た。感想は各々が自分の胸に問い掛けたらエエねん。映画ってそういうもんやん(ホンマかーい)。

京花'07 チャンピオン

帰りに円山公園に戻って来ると、そこはもうドンチャン騒ぎ。
飲めや叫べやのお祭りの中でライトアップされた枝垂れ様は、やっぱり凄まじい迫力だったわ。樹齢何年か知らんけれども、毎年毎年人間を喜ばしてあっと言わせるだけの力が確かに感じられたよ。あんたがチャンピオンだ。

今回の旅のベストショットは写真ブログの方に。

京花'07 高台寺

入ってすぐバシャッ
いよいよ高台寺に到着。日が沈む前のまだ明るい内に来れたのはよかった。
手入れの良さか或いは配置の良さなのか分からないけれども、京都らしい自然、京都の景色がそこにあって、これぞ京都のお寺という誇り高さを感じたよ。拝観料600円の価値は十分あるように思う。夜はライトアップによってさらに色合いも濃くなって素晴らしかった。ちょっと写真撮り過ぎた。

続きを読む »

京花'07 ねね~

ねねの道でダンディー・ガイ
円山公園を抜け、ねねの道を歩いて高台寺へ。
高台寺はその名の通り、高台にあるので階段を登らねばならない。登る前にちょっと疲れたので、休憩がてら抹茶ソフトを食べたんだけど、これが大正解!ほんまもんの抹茶の味がして、めちゃ美味しかった。元気になって階段を登ると、夕陽が綺麗だった。そんな途中の写真。

続きを読む »

京花'07 円山

京都へ花見に。
定番でもあるけれども一度は見たい、円山公園と高台寺に行って来たよ。枝垂れの左手まずは円山公園。なんといっても有名な枝垂れ桜が真ん中にドン!と座ってて貫禄あるんだけども、公園だけあって広々してるから空気が気持ちいい。清々しい春の趣をそこはかとなく感じられたよ。

続きを読む »

心中場所

お初天神。鳥居の赤と相まって、桜が映える。曽根崎心中のお二人も一応入れといたよ。繁華街に囲まれながらも立派な趣があって良い所だ。

写真ばかりになって申し訳ないけど、写真が欠かせない日々を過ごしてるんだろうと自分で解釈している。明日もバシャバシャやってくるよ。
春を撮って来よう。

グレイ・ゾーン

暗い日本橋から黒門市場、なんばへと。
はっきり言って物凄く「陰」の空気が漂ってるけれども、僕はこういう灰色の風景が大好きだ。様々な方向からエネルギーが集まって交差してる感じ、ぶつかり合って馴染まない感じが好きだ。また機会があれば撮りたい。

続きを読む »

オールスター

フライパンズ道具屋筋では家庭用業務用問わず、鍋、包丁、フライパン、たこ焼き器、看板・・・おびただしい数の「道具」がなんでもかんでも置いてあってなんでも揃う。しかも安い。やる気さえあればその日に屋台を始める事も可能。あぁ楽しいよ楽しいんだよ。道具マニアにはたまらんね。弁慶も嬉し泣き。

続きを読む »

前年度最終日まとめ

4月になってから日記を書いてないので、もうきっと4月いっぱいは休むんだと思われた方も少なからずいらっしゃったかも知れないけど、ぶりぐは懲りずに続くよ。ざまあみろ。バーカバーカ。病的な独り言。

先週土曜日はまた随分歩いたので出来事もいっぱいあるんだけど、さすがに今更詳しく書こうとは思わない。一通りざっと書くと、道具屋筋で食パンの型を探し、日本橋の薄暗い裏通り(オタロードなど)をうろつき、黒門市場の傍の喫茶店で休憩し、なんばパークスでアルファの無料ライヴを観た後、もつ鍋を食べて帰って来た。

流れは以上。あとはもうたくさん撮った写真に注釈して終わりにする。
あれこれ詰まった旅だったよ。

 | HOME | 

« 2007-04 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。