ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うらら

今月は日記をよく書いた。我ながらよく頑張った。
生活が活発だということだ。春を迎えるに相応しいじゃありませんか。

本日は金曜恒例の歯医者へ。かなり慎重にやらねばならんようで、なかなか詰めてもらえない。治療時間はめちゃめちゃ短いし、説明も丁寧にしてくれるし上手だからいいんだけども、果たしていつ終わるやらゴールは遠い。歯医者に通い慣れるのは良いことなのかどうか僕には判断できない。

3月最後の記事として、この2日ほどゴロゴロしながら作った曲をご披露したいと思う。曲というかジングルみたいなね、またこないだと同じく何処にも辿り着かなそうな感じですわ。でも機械いじるの楽しくなってきたから、この先もっとエエのん出来んちゃうかな。ちゃうかもな。
シーケンサー+生ギター2本で録音。「うらら

スポンサーサイト

ベランダの春

ベランダには大量の植物がある。
今、ハナニラが咲いてる。計ったかのように一斉に咲いた。
赤いのは何の花か知らないけど、それも綺麗だ。

続きを読む »

詰まっている

関西テレビを越えてさらに進むと、そこは天満。もう天満やん!!
天満には天神橋筋商店街という日本一長い商店街があって、美味しいもんがいっぱいあってオモロい所・・・だそうなので前々から一度行きたかったのよ。まさか雨の日に行くことになるとはね。これも何かの縁です(よう分からん)。敷き詰め型
と、商店街に入ってはみたものの、とにかく人が多いし何処を歩いてるやらさっぱり"わや"で疲れる疲れる。お腹も減って倒れそうになる。座りたい何か食べたいの一心で不乱にカフェを探すんだけど、なぜか何処も高くて入る気がしない。最終的に何処にでもあるサンマルクで休んだよ。天満に相応しくないけどしゃぁない。サンドイッチ美味しかったよ、ありがとうサンマルク。

じゃあ天満はオモロなかったんかというと決してそうではない。
上の写真のような超省スペース型のお店あり、靴下58円!などという激安店あり、昔ながらの薄ぼけた狭苦しい街並ありで見所満載。楽しかった。次回改めて探索したい欲求が沸々。行く度に楽しくなりそうな所だ。

続きを読む »

Our KTV

24日は雨だったけど、やっぱりよく歩いた。特にあてもなく梅田の東通商店街を抜けて進み続けると、なんと扇町公園に着いた。なんと、というか元々そこにあったのだろう。普段の週末は家族連れで賑わうというこの公園も、この日はさすがに閑散としていた。さすがに、というか初めて来たので普段を知らないんだけども。広々として綺麗な所やわ。雨の扇町公園より公園に面してあの捏造でお馴染みの関西テレビがあったので突撃取材。
通りすがりに写真撮ってきただけね。捏造問題は各自で解決しよう。

続きを読む »

ただいまを言いに

金曜は歯医者の日。前回と同じ所をゴリゴリガリガリとやられて15分ぐらいで終わった。来週ようやく何やら詰めてもらえるらしい。もちろんそれが終わっても他の箇所が待ってるけど。はぅ。

実家に寄ると、母と姉の旅行話を聞かされた。一泊で島根→山口→広島、そこから新幹線で帰宅したそうだ。せわしいこっちゃ。旅館の窓から海が見えただとか、錦帯橋がどうだとか、宮島はやっぱ綺麗だったとか、とにかく大満足だったらしい。写真も見せてもらったけど、あの辺りはただの田舎ではなくてちゃんと考えた街づくりがされていて、実に「日本的」で綺麗だ。無意識に落ち着けるように思う。京都もそうだけど、帰って来たような感覚を覚える場所がある。ふとそんな場所を求めている時がある。いわば残っている所。残念ながらうちの近所はあまり残ってないから、足を使ってでも赴く。僕らはこれからもずっと、ふと求めていくのだろう。

生命の爆発

生命力を感じるジャスコの帰りにまたまたプチ撮影会。物凄く冷えた夜だったから手が凍るかと思ったけど、撮りたいんだから仕方ない。なぜか木ばっかり目に付いた。

同じく写真ブログの方にもいくつか。

続きを読む »

緑と白のアンダーグラウンド

空車いっぱいあり深夜0時前。ジャスコの地下駐車場へ。
閉店前なので車はほとんどなく、コンクリートの空間がただ広がっていた。
しんと静まり返った辺りを照らす、均等に並んだ緑と白のライト。
吹き抜けなので見上げれば夜空まで鉄骨が続いている。

駐車場の隅では、空調設備なのかなんなのか、複雑で大袈裟な機械が動いていた。これがジャスコを支えているのだ。根拠はないけど、そんなことを言いたくなる。深夜の地下駐車場には人がいない。物音がしない。薄暗い。怖い。怪しい。だから無性にワクワクした。
写真ブログの方にも載せる予定。

続きを読む »

小より大、大より大

日曜日によしぉ君の家に行った。僕と彼女とよしぉ's彼女の3人で。
4人が顔を揃えるのは2回目であって、つまり1回目よりはリラックスムード。
3回目は逆に殺伐としたものがあるかも知れない。なんでや。

よしぉ君は以前から「うちは芦屋の豪邸とはちゃうよ」と公言していたが、何をおっしゃいますやら!物凄く立派なお家でござった。広い庭にはパイナップルが巨大化したような木が2本もあり、物干し竿の両側には趣のあるグネグネとひねくれた木が巻き付いていた。家中至る所、掃除が行き届き、広々とした空間をさらにスッキリとさせている。おばちゃんはパリッとした厳しそうな方だった。

よしぉ君の部屋はとても物が多い。人間の移動できる範囲が限られ、無機物に完全に支配されていた。部屋に入るとすぐ誕生日プレゼントをくれた。ヨドバシの包装紙を破くと、中には「ピタゴラ装置DVDブック①」が!!おぉ~ありがたや。欲しい物を訊かれてすぐに浮かぶものではないけど、僕は確かに心の奥底でこれを求めていた。どうもありがとう。その後4人でそれを見たり、よしぉ君の卒業アルバムを見たり、彼が撮り溜めた大量の写真を見たり、イッセー尾形のDVDを見たりした。僕は体が冷え切っていてトイレばかり行った(トイレも最新型で綺麗)。それにしても小学校時代の彼は、ベストのよく似合うおぼっちゃまだ!!この上なく可愛かった。

家を出て、車で芦屋豪邸見学ツアー。噂には聞いてたが、塀の高い城のような家がこれでもかといっぱい並んでた。店もどれもが異様にデカい。「わ~!なんやあれ~!!」とツアー主催者の思惑通り、まんまと叫んでしまった。庶民には大袈裟でなくて衝撃なのだ。夕食に中華をいただいて解散。急に「行きたいから行った」にも関わらず二つ返事でOKし、歓迎してくれてありがとう。むちゃ美味しいバームクーヘンを持って来てくれた彼女さんにもありがとう。楽しかったな。僕は終始体調が思わしくなかったし、車も弱いので迷惑かけてもた。全ては冷えから来るものだと最近ようやく分かったのでどうにか改善せねば。お金と体調の心配がなければもっと楽しいに違いない。一人前にはまだまだだ。

芋野郎

床の間のファンヒーターが壊れてしまったので、倉庫にしまってた石油ストーブが復活。あんまり暑くなり過ぎないし、なんだか空気が綺麗に感じていいよ。

おまけに焼き芋が出来るようになった。今日のは色も良くなかなかの上物。
美味しくいただいたよ。プップップ。

全然関係ないけど、ついに写真ブログのカテゴリに「電柱」を追加。
この先どうなることやら?もうニーズなんて全く考えてないものねぇ。

口内建築


夕方、うっすら虹が浮かんでたので撮った。虹の切れ端やな。
今日はまず免許の更新に行ったよ。近所に更新所があるので、家出てから50分ぐらいで帰って来れた。講習だけで30分あるのにね。ちょろいもんよ。

帰ってすぐ今度は歯医者へ。上の歯に被せてたものが取れたので。
母からの評判通りいい先生だったのはいいけど、ちっちゃい虫歯がいっぱい見つかってもた。一つ一つ丁寧に説明なさる。「あとここのがこうで、ここのはこうで・・」「はぁ・・」テンションだだ下がり。被せてたのが取れた場所は、前の歯医者でもかなり手間が掛かったもので、虫歯が神経のほんの傍まで来ている。だから今回も大手術だったよ(汗)。麻酔を歯の表と裏から3回ぐらい打たれ、金槌で釘を打つかのようにゴンゴンゴン!!ペリペリ・・ゴンゴン!!歯医者って大工だなと思ったね。歯の治療は建築だ。来週その先、まだまだ長引きそう。とほほのほ。

横の灰

灰色の小宇宙珈琲を飲みながら横の灰皿を眺めてた。少しずつ溜まっていく細かな灰。それがとても綺麗に見えた。折れた煙草、消されて先が潰れた煙草、黒く燃え尽きたマッチもとても綺麗だった。モノクロだと思った。カメラを設定し、レンズを向け、シャッターを押し、カメラを置いた。目の前には珈琲があった。

蘭琲

近所がさっきまで賑やかだった。
家の横の道路をパトカーがサイレンを鳴らしながら次々通る。続いて消防車、またパトカー、また消防車。どうやらけっこう大きな火事らしい。窓から覗いても何も見えなかったが、ちょっと気になる。だいぶ気になる。サイレンというのは、やはり注意を引く音になってるみたいだ。ポルタメントでG#まで上がって下りたらそれっぽくなるので、興味のある人はやってみよう!(誰がやんねん)

先日はホワイティうめだの喫茶店「coffee 蘭館」に行ってみた。
お店のコンセプトに違わずいい店だったよ。珈琲の味はやさしく沁みてく感じだし、店自体も適度な広さでとても居心地よかった。珈琲には煙草だとかなんとかで、店内でモノクロ写真を撮って遊びたくなるくらい快適。バイトのお姉さんは可愛らしいし、帰り際には店長らしき男性が「また来て下さいねー」と声をかけてくれた。「うん、また来るよ」とは言わなかったけど必ず行くよ。その時はマスター、俺に、俺に今日より熱い珈琲を淹れてくれ(カッコつけてるらしい)。

と、書いてたら珈琲飲みたくなってきた。来週も何処かで一杯いただこう。

電の柱について

日々バシャバシャやり始めてちょうど一年。カメラの知識は未だほぼゼロに等しい。でも飛躍的進歩はないにせよ、まぁちょっとは見れる写真が撮れてきた。よかったよかった。続けてきた甲斐がある。そそり立つ
写真を撮りたくなるのはどういう時だろうか?
撮りためた写真から統計をとると、僕はどうもゴチャゴチャしたものに惹かれるようだ。絡まるようにウジャウジャしてる電線、複雑に組み合わされた鉄骨、パイプ、枯れ枝、商店街、路地。なぜだか知らんが、気付けば「うわ~エエな」とか言いながらシャッターを押している。
とりわけ何度も撮ってしまっているのが電柱だ。しかも自分の中で被写体としての興奮度がかなり高い。電線が集まってる上に、鉄もでかいボルトもたくさん付いてゴチャついている。日常ふと上を見上げ、エエやんエエやんと心の中で・・・まるで変態だ。いや、変態なのは否定しないけど、まさか電柱フェチだったとは。気付いたのはつい2,3日前。驚いたよ自分に。

こうして自覚してから撮ると、写真もまた変わるのだろうか?
今後が楽しみだ。僕の今後。電柱との将来。

丸いのばっかり

タワレコのインストアライヴを観に行った。
久保田利伸と"Keep Holding U"を歌ってたSunMinという子。僕らの音楽やらで彼女の並外れた歌唱力は知ってたけど、生歌はそらもう半端じゃなかったよ。全身で必死こいて声出してる感じなど全くなく、真直ぐ立ってるのに物凄い迫力。久保田なしでも十分素晴らしかった。とはいえ、Keep~以降の2曲は楽曲が安くて最悪。歌が素晴らしいだけに辛い。ほとんどの作曲家に期待が持てない中、歌う道具として使われる「ただのシンガー」は実に可哀想だ。彼女の将来が思いやられる。鍋の中はカレー・・・かどうかは知らない↑帰りに上から覗いたオイスターバー。入らずに覗くのって哀れか。
あとの写真は阪神の屋上。丸いのがお好きな方へ。ただ丸いだけ。

続きを読む »

クラスコ、モロプリ

ホワイトデーを前倒しして日曜日に。ヨドバシや百貨店をウロチョロしたりしたよ。阪神の屋上には初めて行った。幼児用の乗り物ありゲームコーナーあり、昔ながらの屋上で楽しかったよ。吹きさらしで全体的に薄汚れ、くつろぐ所なんてまるでなくても気分が楽しい。カフェやらなんやらを置くもんちゃうよ。屋上は子供が走り回る場所やん。クランベリー入りスコーンで、なぜか寒風吹きすさぶ中、彼女の手作りスコーン(最近手作りに凝っているようだ)をいただく。サクサクでありながらしっとりしていて感服。クランベリーの甘酸っぱさも活かされていて、めちゃうまでございました。ありがとう。ホワイトデーなのにありがとう。

休憩に駅前第三ビルの喫茶店へ。噂通り珈琲は美味しいけど、クラシックのBGMが耳障り。店によっては狭くてもゆったり出来る所もあるけれど、ここは逆に狭苦しく感じた。
でも何はともあれお返しを。当初は神戸のマシュマロ専門店のマシュマロだけにしようと思ってたけど、あまりにお粗末なものだったので何か他のもあげねばと、ふとした思い付きでモロゾフのプリンをあげたよ。僕も15年ぶりぐらいに食べたけど(帰ってからね)、予想以上に卵が効いてて美味しかった。さすがは老舗、常に期待を裏切らずそれ以上のものをくれる。
夕食は蕎麦をいただいて帰路へ。なんやかんや言うても終始食の話やん。

オレは歪みが必要だ

職安帰りにダイアモンドシティまで足を延ばした。いつ行っても特に代わり映えしないのに、週末は相変わらず混んでいる。家族連れに家族連れ、カップル、家族連れ。何が楽しい。伊丹はここしかないんか!?そんな事ないと強く否定出来ないところが辛い。昆陽池遠いしなぁ。この時期まださぶいしなぁ。

本屋で何年ぶりかにBURRN!!を手に取る。僕はもう暇さえあればハードロックやメタルを聴いてシャウトする日々を卒業したけど、それでもなぜかムキムキのおっさんが真っ黒の皮ジャンに身を包み、ステージでしかめっ面しながら汗だくになってる写真なんぞを見ると、胸の奥底がじわり熱くなる。これはもう生まれながらに持った宿命的な性質で、逃れようのないものだと思う。オーヴァードライヴ、ディストーション、ファズ、歪んで歪んだ叫び声のようなギターに心は震える。去年はIron Madenの活躍が光ったようだ。アルバムのジャケットは、やっぱりあのゴチャゴチャしたホラーイラストらしい。伝統芸能。Van Halenは、エディの息子ウルフギャングを新ベーシストに迎え、ヴォーカルをまたまたまたデヴィッド・リー・ロスにするそうだ。アホだ。だが大好きだ。次日本に来たら絶対観ると決めている。それにしてもBURRN!!はいつ見ても同じだ。全ての意味合いにおいて。

そろそろ美味しい珈琲が飲みたい。このムズムズ感は禁断症状といってもいいかも知れない。明日ぐらい喫茶行こ。ちょうどBRUTUSが珈琲特集をやっていて、外国のカフェをいっぱい紹介してた。よし、BRUTUSを参考にいっちょイタリアまで珈琲飲みに・・・誰が行くか~!!梅田や梅田。

渦巻くものの表れ

HPの方をまたまたリニュ。
完全に気まぐれやけども、管理人としてお客様がなるべく見易いようにと日夜考えておるのよ。これでも。前のはまず自分が見辛かった(アカンがな)。

しかし、エエの思い付いた~といって始めたものの、出来上がったら前よりさらにエロ満載ではないか。こりゃ教育上よくない!いやいや、うちはもうほら、いい大人しか見に来ないんだから大丈夫。こういう類の刺激もある程度必要になってくるはずなのよ。ストッキングとかそういうさ。知らんけど。
何はともあれ、お好きなだけご堪能下さいませませ。

狭道ロマン主義

ファイナルファンタジーいくつかに出てきたような神戸で撮ったいくつか。狭い道の方が楽しい。
写真ブログ(ぶりP)の方にも1枚載せる予定。

続きを読む »

右上がりのコービー

空けてしまって失敬。留守の間、何か困ったことはなかったかい?
何かあったらなんでも相談して欲しい。皆にとってそんな存在でありたいんだ。
どんなや。

こないだの日曜日は、そごう神戸店で催された"假屋崎省吾~華麗なる技・美の世界~"とかいう展覧会に行ってきたよ。前々からあの人の花を生で観たいと思っていて、今回はデモンストレーションまであるというから鼻息荒く行ったんだけども、これが大誤算。最低であって、あれを展覧会と称して金取ったらアカンね。照明は明るすぎて作品の雰囲気を壊し、配置も意図が分からない。会場作りの全てがなってないし、そもそもそごうのコンセプト自体が商売そのものだったんだろう。物販コーナーが展覧会場よりも広いスペースで設けられ、ミーハーなおばはん軍団が集る集る。早々に観終え、デモンストレーションまで残る必要などないと判断して出てきた。アーティストたるもの、会場選びも仕事の内だと思う。あれじゃ假屋崎の名がすたる。

その後、巷で大人気のマシュマロ専門店に行ったものの、これまた人工的かつ攻撃的な最低なお味(噂は信用ならんね)。ついてない日だなと思ったけど、口直しに南京町に入って「ニラ海老饅頭」やら珈琲やらを美味しくいただいたらそれも吹っ飛んだ。簡単なこっちゃ。元気になって再び歩き歩いたけど、m-int神戸は案の定あまり見る所がなく、高架下の服屋も大したこたぁなかったな。神戸で快適に遊ぶのって難しい。それに"瓢たん"の餃子を食べずに帰るのは、なんかちょっと後ろ髪引かれる。次回また食べよ。

未必要

耳の日やね。何がやねん。何が耳の日やねん。
雛祭りやし。何がやねん。何が雛祭りやねん。エエけど。エエんかい。

シーケンサーをPCに繋げるようになったので、だーいぶ前にメモ代わりに残してた曲の欠片ども(1曲仕上げたことはまだない)を聴いたりした。これが我ながらなかなかヒドくて笑えない。作曲の才能とはどんなものかハッキリとは言えないけど僕に限っては、なさそうだ。ギターの練習をいくらやっても、曲(湧いてくるもの)がないからダメだ。音楽をやることは誰にも強要されてないから全然構わないんだろうけど、したいのに出来ない、弾きたいのに弾くものがないのが情けない。作曲に対するコンプレックスや挫折感はいつも僕の中にウジウジとある。自分が音楽を必要としていない証拠だ。いつか必要とする日が来るだろうか?

とはいっても、お遊び音楽をするのは大好きだし、シーケンサーで使える音幅も広がったから楽しみ。また何か出しまっさ~。

服飾適合性

こないだセーターを買ったんだけど、思ったよりも首周りが空いてるから、中にヘンリーネックか何かの首元に少しアクセントのあるものを着ねばならない。しかも色は白に近いのが良いと思われる。タンスにそんなの入ってないぞ。だから困ってる。

昨日はダイアモンドシティのユニクロと無印とMethodとGlobal Workを覘いたけど、ない。今日はつかしんまで行ってRight Onも見たけど、ない。自分の中にイメージがあって、それに合うものが見つからない。襟付きのカッターのようなものもいいかも知れないが、あくまでパリッとしたくない。あのセーターいつになったら着れるんだろう?

しかしながら、ほぼ同時に買ったジップアップのニットジャケットは、まるで僕の為に作られたかのようにピッタリだったので(はいはい)大満足。どちらもオークションで安く買えたしなぁ。着て外へ出るのが待ち遠しくてワクワクする。完全に自己満足だけども、これがファッションの醍醐味ではなかろうか。

owarai.tv


好きなお笑い芸人は?と訊かれて、とっさに答えられるほど笑いの好みは限定されていない。ダウンタウンもとんねるずもナイナイも好きだ。タモリも鶴瓶も、板尾さんも山ちゃん(邦正)も東野も遠藤章造もインパルスも好きだ。土肥ポン太もスミス夫人も・・・あ、スミスは解散したのか。じゃあR-1で優勝したなだぎさんも好きだ。若手は世間の方々よりも詳しくないだろうが、スマイルには頑張ってもらいたい。ツッコミが柔らかくなればハネるはず。いや分からんが。さっきYoutubeで見た、にしおかすみこも(薦められたので)語り口がいい具合に力抜けていて良かった。笑った笑った。全然知らなかったけど、まだまだオモロい人はいる。嬉しいこっちゃ。

owarai.tvでも140以上のネタが見れる。ユーザーがレビューすることも、ネタを投稿することも出来るから、お笑いを見る側も作る側も注目のサイトやね。

 | HOME | 

« 2007-03 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。