ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Travelling Without Moving

キャンバス風またボチボチと職安に通ってる。ボナパルで向かいながら、空ばかり見てた。
でも写真の出来はそれほどでもなくて、しゃーないから加工してみたよ。こないだのユニクロの駐車場のも同じ理由。加工というと、随分長いこと「作品くん」から遠ざかってる。また何かオモロいもん作らなな。

木村カエラちゃんの「You」を集中的に聴いて練習して、ほぼ完璧に弾けるようになった。なかなかセンスの良い演奏なので、弾いてて楽しい。そして明日はカラオケに行くということで、椎名純平・林檎兄妹の歌を練習した。純平パート、覚えると楽しいよ。彼はいつしかジャミロクワイみたいなルックスになってしまったが、それはともかく。さらには斉藤和義やスピッツの歌も新たに覚えた。カラオケというものは、どんどん"仕入れて"自分を盛り上げると、より楽しめるものだ。

うちのHPもだんだん閑散としてきてて、そろそろ新しい繋がりを求めていかねばならないようだ。ホントはそうではいけないと思うけど、人を長く惹き付ける魅力がないので仕方ない。恥ずかしながら。友達どうやって作ろう?時々物凄い孤独感に襲われることがある。皆そうなのかな?外を出歩くか、mixiで頑張るか、妙なエネルギーを放ってる人に会いたい。

スポンサーサイト

A First Reason

硫黄島からの手紙」を観てきたよ。ピカデリーで。
評判がいいのは聞いてたけど、それ以外の情報は全く入れずに行った。硫黄島の位置も、戦いの背景も知らないまま。良いのか悪いのか。

↓途中、少しグロテスクな表現があります
良い映画は感想が書きにくい。だって文句言えないから。だって自然に胸が震えてしまうし、とても素直に感じてしまうからね。頭で考える前に。一面黒い岩で覆われた大地、戦いが始まる前の静けさ。彼らの届かない想いと願い。戦いが始まると、爆音が引っ切り無しに鳴り響く。地響き。彼らの選択肢は一つ、やるしかない。戦争は人を殺すことが目的な訳で、一瞬の内にどんどんと人が死ぬ。たった今まで横で話をしていた彼が、次の瞬間には爆弾で吹っ飛んでいる。そして次の瞬間には私も、砲弾の飛び交う中を走らなければならないのだ。
歴史の本じゃ、あの戦争で何人死んだとか言うけど、何人が生き残ったとか言うけど、死んだ彼の感情はどうだったろう?残った彼はどうだろう?本に載らないあの兵士の意思は?軍隊というのは特別強固な組織だけど、どんな集まりであれ、往々にして個人の感情は見えにくいもの。だからこそ想像したい。死に物狂いで死ぬ、死に物狂いで逃げる。そこら中死体が転がり、肉片が落ち、血の海が出来ている。死がすぐ傍にあるという底なしの恐怖。
印象深い「天皇陛下万歳!」は鼓舞であり、自分が戦いに納得する為の道具でもあり、また自決の理由にもなった。今も昔も、誰もが人生の理由を探している。いつも言い訳を考えて生きている。でも、何を差し置いても一番最初に愛するものが心になくちゃいけない。当時の兵士にも現代の我々にも愛する人がいる。近くにいる人達を毎日想う、それが出来てなくちゃいけない。映画の感想としてはズレてるかも知れないけど、傍にいる人をもっと大切にしよう、僕はそう強く思ったよ。

映像は例の如くどっしり落ち着いたもので、とても美しい。どのシーンも完璧に切り取られていて、思い出そうとすればすぐに浮かぶほど、瞼と心に深く刻まれている。

続きを読む »

ルンバる

北斗星でトルコライスを食べた。以前ご紹介した時以来、一度も訪れてなかったのでワクワクしながら行ったよ。美味しいのは分かってたはずなのに、その予想以上に美味しくて驚いた。量も相変わらずたっぷりだし。素晴らしいね。やがて心ウキウキお腹いっぱいになりながらも、お茶でもするかと最近お気に入りの喫茶店へ。梅田でほんまもんの珈琲が飲める店がどれぐらいあるか知らんけど、ここがそれだ。僕はここで一から珈琲を勉強すると決めたんだけど(知らんがな)、今回は少し奮発して"モカ・マタリ"を飲んでみたよ。コーヒールンバの。香りにキレがあるというか鋭い。苦味はほとんどなくて、冷めてくると酸味が出てきた。特徴はどうあれ、凄く美味しい。一口、また一口、どんどん口に運びたくなる。あぁ良い珈琲ってこういうものかと実感。次回はまた違う豆を試そう。この一角だけ南米店を出て少し歩くと、ペルーの人達が楽しく歌ってた。
なんとコーヒールンバを!!果たしてただの偶然と片付けてよいものか!?
・・別にいいと思う。演奏は見事なもんだった。

取れてはまた痞える

黄色い目職安に行ったついでにブックオフまで足を延ばしてみた。
ブックオフで中学の同級生と会った。よく会う。のはなぜかというと、店員だからだ(おそらく社員)。前々から気付いてはいたけど、声を掛けたら迷惑かなと思って遠慮してたんだ。しかし今日は遂にレジで一対一、真正面に同級生がいて声掛けへんのもアレやん?だから掛けてみた。

私「○○君やろ?」 彼「あ、ぶりや」
という訳で、覚えてくれてただけで満足。二言三言交わして店を出た。なんだかさっぱりしたような、いらん事したようで悪いような、変な気分。これでブックオフに行き辛く・・・はならんよ。好きやもん楽しいもん。

上の写真は、伊丹と宝塚の間ぐらいに出来てた、めちゃデカくて綺麗なユニクロの駐車場。覗いてみたけど、中は普通にユニクロの味気ない商品が置いてあっただけだった。当たり前。ユニクロは良いデザイナーを雇うべきだと思う。

将軍

引き続き板尾日記を読んでる。栞の代わりにアンケートハガキを挟んでいたんだけど、半分くらいまでいった所で紐が付いてるのを発見した。
「なんや、あったんかいな」ないと思っていたものが実はあると知った時、そして密やかにそれを求めていた時、人はニヤリ喜ぶ。ニヤ。

いい加減この話題も最後にしたいけど、Flashがあまりにも重過ぎたので軽くする為の改良をした。音を使うとどうも必要以上に重くなるらしい。ちょっとは見易くなったかな?

華麗なる一族」がつまらん。大河ドラマのように台詞が硬く、大仰なわりにストーリーも展開も冴えない。華麗ではなく物凄く地味だ。生ぬるい。僕は前々から鈴木京香と原田美枝子の演技が好きじゃないんだけど、演技以前にあれらのキャラクターの存在意義もよう分からん。鉄平の祖父の肖像画と、「将軍」とかいうリモコンロボの魚は、見てて哀れだった。いかにも凄いでしょ?っていう風に作ってるから、余計に穴が目立つ。コントとして見ると、キャストが豪華な分、面白いかも知れない。いや、やっぱつまらんな。

奏でられるページ

前回の一件は、見事に解決したよ。案の定Flashの欠陥ではなく、ただ僕が勉強不足だっただけ。恥ずかしわぁ。マクロメディアちゃんゴメンちゃい。

HPの方のトップに出来上がったFlashをポポポンと設置。ちょっとばかし重いかも知れない。そしてちょっとばかし皆を驚かせるかも知れない。不快に感じる方がいたとしたら謝る。あまりに不評なら元に戻すので、率直なご意見を聞かせておくんなまし。

ライトへレフトへ

Flash作ろうかと思ってちょっと勉強したけど、なかなか上手くいかん。
めちゃ小さいのを作ろうとしてるからアカンのかも知れん。Flashにサイズ制限があるのかどうかも知らん。勉強ついでに全部Flashで出来たサイトをいくつか見てみたら、どれも物凄くクールやった。むちゃカッコよろしい。僕が逆立ちしてもでけへん。そもそもあの類の発想がないし、おそらくああいうのを作る人達とは美的感覚自体が全然異なってるんやろなと思った。どちらが優れてるとか劣ってるとかいう話ではなくて。

板尾日記を読み出してる。オモロい。彼の口調が好きや。ハッとするような言葉がさらっと書いてある。優しくも厳しくもあるし、真っ直ぐで力がある。読んでると、体のだいぶ奥底で燃えてくるものがある。本の中で「これから先"○○"が俺の人生を左右する気が今、なんとなくしている」という文があるんやけど、僕にとって今、板尾さんが○○に当たる。なぜかは分からんしホンマにそうなるかどうかはともかく、そういうのんってけっこうある。むしろ毎日、あの絵を見れば、このCDを聴けば、あそこへ行けば、僕の人生はグルッと回転し出すんちゃうか?と思って行動してる。生き甲斐と言ってもいい。そんな興奮材料をくれる人や物に深く感謝してんねん。本の詳しい感想はいずれまた。

昨今、なぜデタラメが喜ばれるのか

本日は「21世紀はなぜ豆の時代か」について語りたい。嘘よ。
Web上にはまだまだ楽しいページが潜んでるようだ。

それにしても、自分の聞いたこともない事をいきなりさも常識であるかのように断言されると驚くね。世紀で括るんだもの。もう理由の話に移ってるし。ここまで図太いと、思わず感服してしまう。僕も見習っていきたい。
見習ってデタラメだらけ書いても楽しいだろう。
「人間はなぜ臭いのか」とかね。確かに少しくらいの体臭はあるだろうけど、私ちゃんと毎日体洗ってるわよ!?という抗議が心地いい。
「地球はなぜ正六角形に近付いているのか」とか。確かに肉眼で見たことないけど・・・本当に!?と、迷える子羊たちが急増。楽しいね。

さぁ、皆も仲の良いお友達同士でやってみよう。でもやっぱりデタラメはよくないかな。明日は「今、なぜ豆の時代なのか」についてです。嘘。

抱え込む

雰囲気のいい店で一週間以上空いちゃったねぇ。もう1月も半ばを過ぎたよ。早いもんだ。
先週末は、よしぉ君とそのお連れさんと食事に行った。なにぶん初対面なので、そつのない会話に終始した印象があるけれども、まぁ僕自身は楽しかったからいいや。もしも次の機会があるなら、もっとましな店にしたいと思う。料理が380円ってそもそも期待でけへんよね。

HPのトップページをリニュしたので見てみてよ。見てみてみてよ。
上の写真の男性ぐらい頭を抱えて悩んだ。そしたらいつの間にかスタイリッシュからは程遠い、オモチャ箱をひっくり返したような、ただ散らかしただけのような感じになってたよ。好き嫌い分かれるだろうけど、それでもあれこれ仕掛けがあるので少しは楽しめるんじゃないかな?探ってみてちょうだい。

狙いの時

あけましておめで・・・あ、これ前回書いたか。サボッてゴメンちゃい。
ここ最近冷えるからねぇ。理由にならないけど。

先週は、録画してた正月番組とか特番を見るのに追われてたんだった。ガキの使い、ジョゼ、めちゃイケなどなど。どれもこれも長いから一日や二日ぐらいすぐ潰れる。でもやっぱり正月は家で転がって、ダラダラTVでも見るのが一番だと思うから、全くオーケーだ。肩やらあちこち凝るけどね。

あと、バーゲンというものを初めて利用した。使えるねアレ。なぜ今まで参加してなかったかというと、バーゲン品にさえ手が出ないという悲しい懐事情があったからに他ならないんだけど、なんせ今は手持ちが僅かばかりある。近所のダイアモンドシティをうろつくと、ありました「TAKEO KIKUCHI」。なんと50%offのんがゴロゴロ!ウハウハ!吟味して吟味して、オッシャレーな黒のパーカーを購入。彼女にもカーディガンを買ってあげるという貴重なハシャギっぷりも見せた。あっという間に財布は空、だが心は満ちた。いやはやバーゲンってええね。さぁ次はHEPを攻めるぞ!!

2000飛んで7

飛ぶぞ!!あけましておめでとうございます。本年もどうぞご贔屓に。
新年のご挨拶が遅れましたことをお許し願いたい。亥の顔に免じて。
トップのリニュを考えてたけど、なかなか進まないから先にブログを書く。

もう三が日も過ぎてしまった。街では朝からバーゲンバーゲンの戦いが繰り広げられてるのかも知れないけど、うちの周りはまだまだ静かなもんだ。初詣は、1日の午前2時ぐらいに近所の神社にて。おみくじは大吉だったし、細木数子がTVでやってたやり方で拝んだから、今年はかなりのもんだと思う。何がだ。

毎年目標なんぞ立てへん。しかし、もがく気力はいつも十分ある。ありがたいことに年末にリセット、年始からリスタート出来る状況にあるから、今は何とでもなってやるという思いでいる。どういう道を作っていこうか?何が描けるだろうか?自分でも楽しみだ。

 | HOME | 

« 2007-01 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。