ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総決算2006

さてさて今年も1年を振り返る日がやって来たか。何処から書いていいか分からんぐらいたくさんの出来事があったけど、毎年そうなんだよね。何も出来なかったようでいて、365日分の思い出がある訳だ。

社会面から書くと、まず3月に大学を卒業した。昨年末からの怒涛の追い上げ、死に物狂いで卒論を仕上げたのも今は昔。それからの事を全く考えていなくて「でもまぁ何とかなるやろ」と余裕かましてても何とかなるはずもなく、当然の無職・無所属・宙ぶらりん。派遣で倉庫内作業をするも、怪我をしてしまう。いつ頃からかボチボチと職安に通い出し、履歴書を書き、面接を受けるようになる。他の人はどう思うか知らんが、これは大きな進歩だった。ようやく就職先が決まったのは年末。結局すぐ辞めてしまったけれども、ともあれ僕は動いている。少しずつでも動いてゆくと決めたからだ。決める理由が見つかったからだ。それは素晴らしいことだ。「ゴチャゴチャ言わんととにかく動け。動いてる奴が偉い」というような風潮があるけど、僕はいつだって理由に拘りたい。無所属でも貧乏でも、確固たる理由が体に刻み込まれていれば、ゆっくりでも進めると思っている。これが大人の考えか子供のそれなのかは知らない。ただ、僕だってちゃんと呼吸をしているということ、あなたや誰かと同じで必死で生きているんだということを、ここから静かに伝えていくばかりだ。

音楽面では、くるりの大ブームが到来。半年以上くるりしか聴いてないこともあった。音楽観のようなものをガラッと変えられたような、革命やったね。ライヴは、ゴーイング、東京事変、Aqua Timez、くるりを観たんだけど、どれも全く違った魅力で良かったなぁ。僕自身としては、最近これまでになく創作意欲が湧いとる。まぁその辺りは来年に回すことにする。その他文化面は、鴨居玲が衝撃だった。観る者の内側にズブズブと入り込んでくるような魔力。是非また観たい。

また、とにかく外を歩き回って写真を撮りまくった1年だった。足を使って知らない街を訪れて、景色を眺めては写真に撮り、疲れて休んではまた歩きの繰り返し。季節毎のイベントにも嬉しがってせっせと参加した。一日一日を大事にし、一場面一場面を切り取った。楽しいことも悲しい時間も辛い思いも、それぞれ数え切れないほどあったけど、かつてこんなにも日々がいとおしかった年はない。自分という存在を何度も見つめ直し、分かること分からないこと、出来ること出来ないこと、正しいこと間違ったことどちらでもないこと、について考えた。或いは今も考えている。僕の日常は前よりも鮮明になり、愛すべきものが増えてきた。もっとありのままでいたい。もっと笑って泣いて怒って叫びたい。
来年、この思いがさらに強くなっていることを願う。いい年だった。

スポンサーサイト

Catch The RADIO

FM専用先日、青色のぬいぐるみ(セサミのクッキーモンスターというらしい)を獲ってからUFOキャッチャーにハマりつつある。ゲーセンの横を通り過ぎた時などに、あのマシーンを目にするとついついムラッとくる。まさか自分がハマるとは思ってなかったけど、「獲れた時」は何とも言えず快感なのだ。こないだはルパン三世のラジオを獲った(しかも一発で!)。これには失禁寸前、というのは嘘にしても興奮。これを才能と呼ぶのかしら?今度は何を獲ってやろうかな・・・ジュルル。

昨日わずかな給料が入ったので、調子に乗って近所の和食店に行った。魚と鶏肉がめちゃ美味しいんだけど、ちょっとだけ値が張るのよ。鯖の刺身、焼き鳥、キスの天ぷら等々、どれも絶品でござんした。次回行けるのがいつになるかは未定。

今年もあと3日。なんだか気ばかり焦ってしまうから嫌だ。寒いし。
でも今日は主に「結婚できない男」の再放送を見て笑っていただけだったから、僕は今かなり幸せな部類に入ると思うね。これでいいのか、おい。

計画や期待の脆さ

遠目ではね、エエんやけどね・・クリスマス・イヴに中之島のイルミネーションを観に行った。ぷいぷいでも紹介されていて、とても綺麗そうだから行ったんだけど、実物はそうでもなかった。イルミネーションってただの電飾に過ぎなくて、近くで見たらLEDだなんだと言ってもやっぱりただの電飾だ。遠くで眺めるに限るね。寒いし歩くしえらい目にあったよ。

ガックリして梅田に帰る。百貨店の恐るべき人波に流されながらも、鳥足・寿司・ケーキをなんとかかんとか入手。シャンパンも一応いるだろうと安いのを持ってバテバテで帰宅した。かなり散々なものだったけど、幸運なことに味の方はぜーんぶ◎!結果よければ全て良しやね。歌うたってプレゼントも交換して温かい一日が過ごせたよ。めでたし。

M-1は期待通りにはいかないもので、今年は消化不良な印象。ほんまに決勝進出者か?ってのがゴロゴロいて、チュートリアルしかありえへんってヒドい。だいぶ問題だ。しかし毎年オモロい順に抜けていったら、そろそろ「掘り出しもん」が出てこないと頭打ちしてまうのが自然の流れよね。何処の馬の骨?っていうのが出てきて欲しい。

蟹股の星メリークリスマス。種田仁です。なんでそこやねん。
クリスマスと全く関係ないのは承知の上だけど、紹介する機会を逃し続けて今日になってしまった。これビックリマンでっせ?エエでしょ?もう随分前にコンビニで買ったんだけど、誰が何と言おうと僕にとって種田はヘッドです。構え方もいいけど、守備もいいんだよ。あれ?誰も興味ないの?ほなこれぐらいで。

24日ゆうたらね、「M-1」でしょ。やっぱ必見やん?当然やん?
今年はなんとフットボールが出るらしいから、これまた楽しみですやんか。
前回ブラマヨ優勝を的中させた僕やけど(自慢)、今年はどやろねぇ。やっぱフットボールか麒麟かなぁ。アマチュアのも気になるねぇ。ん~・・・と、ダラダラ書いてたら眠くなってきた。読んでる方はもっと退屈に違いない。ゴメンなさい。退屈でないクリスマスをお過ごし下さいね。

蜷川越え

うちの近所の建物に設置してある気温計。
これは18日かそこらの写真で、今日午後6時のここの数字は10℃だったよ。
ちゃんと機能してるらしい。これで安心して眠れる。

クリスマスを迎える準備は出来たかい?物凄い飾り付けをしたり、物凄い演出を考えたりしてる方々は、さぞ難儀なことだろう。まぁ頑張って下さいや~。僕はというと、こそっとコソコソする程度。それでも今日も小道具を探して購入したりした。さっきはアコギの弦を交換してて、あ~今夜ワシみたいに弦を交換してる貧乏ギタリストってけっこういるんだろうな、とふと思った。何か弾かな気が済まんのか?と言いたい。まぁどうでもよい。

僕なんかは細木氏に言わせると「土星人」だそうだから(TVで見た)、何かと演出好きらしい。なるほど、大体の準備が整った今、めっちゃ清々しいもんね。あ、お金は掛けへんけどね。大事なんは、気持ちよ気持ち・・・なんかいかにも貧乏発言だ。いい日になればいいな。

誇・実録ノロ

長いこと日記書いてない気がしてたけど、一週間ぶりらしいね。
ゴチャゴチャと色んなことがあったので書かにゃぁならん。

まず、会社を辞めた。半分クビになって半分自分から辞めた。働き出して12日(実働8日間)。就職が決まった時に温かい言葉をくれた皆様、ゴメンなさい。詳しく書くと言い訳に見えるから止めとくけど、毎日全力で勤めてやれるだけの事はやったと思ってる。ただそこは僕の居場所ではなかった。それを会社と僕自身が8日かけて理解し合ったということ。むちゃくちゃ落ち込んで泣いたけど、正しい選択だったと思うし、もう気持ちは次へ向いている。誇りを持って胸を張って生きている。僕の生き方は僕にしか出来ない。

それはそうと、数日前まんまとノロウイルスの餌食になってしまった。
自分とは無縁のものだと勝手に決め付けて(というか忙し過ぎて)全く情報を入れてなかったんだけど、これがヒドいのなんの!夜から朝まで数十分おきにず~っと吐いてた。何回吐いたか数えたら面白かったかも知れない(笑えんよ)。一度に何回も吐くから、胃がギギギ・・とねじれて痛い。眠ろうとするとまた吐き気が起こるから全然眠れない。朝方、例の如く吐いて吐いて吐きまくった後、最後の最後に「謎の黄色い液体」がチョロッと出ておしまい。よく分からんが、あれがノロ野郎の正体に違いない。あいつめ!!

その後は微熱が残ったものの、お腹は嘘のようにスッキリして今に至っておる。ノロウイルス、確かに強力なんだけど数時間耐えればあとは大丈夫なようなので、まぁ感染した時は耐え忍ぶばかりです。体から全部の物を出そうとするけど、水だけは飲んでも平気だったよ。お茶は×。薬も意味なさげ。
以上、体験談。相変わらず激しい日々を送ってるでしょ。

ナイスゲルマン

惚れたスカイビルの様子を見に行ったら、予想以上に楽しく仕上がっていた。
ドイツクリスマスマーケットが開催されていて、すっかりお祭り気分。ドイツ料理にドイツビールにドイツ人、そして巨大で飾りも美しいツリー。お店を回っていると、チャランゴを爪弾いていたナイスガイに「あなたも音楽やってるでしょ」と軽く話しかけられたりもした。なんで分かったのか知らないけど、彼の店には一度行こうと思う(チラシもらった)。全体の色合いも抜群によくて、クリスマスの持つ温かい空気が感じられたよ。

それからそれから僕が個人的に一番「おぉ!!」となったのは、110年の歴史を持つ木製メリーゴーランド。なんとも言えない静かな存在感があってとても綺麗だった。やってくれるなぁスカイビル。クリスマスまでに一度は行っておいて損はないよ。

続きを読む »

黄色い場所

激動の日々。自分の感情は今どうなってるんだろう?地に足が着いていないとはこの事で、雲を掴むような毎日が続いてる。考えて考えて何も出来なくて涙が出てちょっと疲れた。何も始まってないし何も終わってないんだけど、始めるのって嫌になるほど大変だ。

そんな今の御堂筋。やっぱり僕は車の軌跡が好きみたい。
ヘイ、タクシー

続きを読む »

スーパスマニマニ

月・火・水と三日間働いて、本日木曜は休日。
まだまだ分からないことだらけで弱冠パニック状態にあるけど、まぁなんとかやっとるよ。体が万全になったらもっと頑張れそう。

昨日は仕事終わりにスープパスタ専門店"manimani"に行って来た。サイトを見ても分かるように、決して広い店ではないけどたっぷり空間があって随分ゆったりできたよ。レイアウトも凝ってて良い店だわ。スープパスタの見た目も味も良かった。ラーメンに近い気がしたけど、それはタブーらしい(知らんけど)。あと、コーヒーもかなり美味しくて、結局3時間ぐらい居座ってしまった。自信を持ってオススメしよう。次回は"温かいクラシックショコラバニラアイス添え"を食べるってもう決めてある。あ、ヨダレが・・。

今日は終日雨だったし、なんだか熱っぽくてずっと寝てた。疲れ出たみたい。
金・土行ったらまた休み(週休二日)。気合入れ直していこうっと。

内的イルミネーション

新型エスカレーター明日からいよいよ仕事が始まる。体調を整えるという名目でいただいた猶予期間だったけれど、まだあんまり優れない。でも心の準備は出来ているから大丈夫。この一週間で僕が得たものは、ここに書かずにそっと胸にしまっておくタイプのものだ。

昨日梅田に出たら、街はすっかりクリスマス丸出しになってた。イルミネーションに次ぐイルミネーション。NU茶屋町のステンドグラス風ツリーのように大失敗しているものもあれば、HEPハービスのようにそこそこ綺麗に仕上がってるものもある。電飾の美しさによって集客力に差が出るのかどうかは知らない。よりギラギラしている所を探しては集まる人々。いつしか自分も人為的で作為的なものに踊らされてしまっていることに気付くと虚しくなる。クリスマスってもっと反射的にワクワクしてくるものがあるし、そういう感情は街で電飾がギラギラ光り出す前に湧き起こってなくちゃね。だから僕はとても個人的なクリスマスをしたい。ケーキがあろうがなかろうが、サンタがいようがいまいが、僕の思うクリスマスを楽しみたい。なんなんだろう?この宣言は。

ミリオン・タイムズ

百万遍近くで見る夕焼け♪百万遍の愛してるなんかよりも~・・・というヒット曲でお馴染みなのは、カラオケ仲間のえべっさんの知り合いのAQUA TIMEZ。あ、あれは百万回か。
まぁこの際細かいことは抜きにしようよ。俺とお前の仲じゃないか。

さて。南禅寺から哲学の道を抜けて、向かったのは京都ラーメンの代表店である「ますたに」。ひっそりとした所にあって、中の造りは現代的ではなかったけれども(いうなればボロボロ)味はやはり絶品。シンプルといえばシンプルな醤油味。でも誰かが(僕が)「美味しいラーメン」を想像する時、こんな味を思い浮かべていた気がする。そんな味。そういうのって簡単じゃない。

なんとそこから体調がまたまた悪化し、バスに乗れない状況だったので帰り道を歩くことに。今出川通から百万遍、出町柳まで出た後、そこから鴨川沿いを四条まで、ま~それはそれは歩いたね。関西ウォーカーとは我々のことだったようだ。体力に自信のある方、一度やってみてよ。その距離を歩くことが決して賢い選択ではないことが分かるだろう。鴨川の何処か。影絵っぽい

京の紅葉2006 ~哲学の道~

考える道引き続き紅葉。哲学の道編ね。
銀閣寺までひたすら続く、静かで細長い道。なるほど、哲学なりなんなり考えごとするにはちょうどよさそう。道沿いに赤く染まった紅葉がとても美しい。あと特筆すべきなのは、途中で食べた抹茶ケーキが美味しかったこと。哲学の道沿いには、土産屋やらカフェやら色んな店があるのだけど、当然の如くお高い店が多くて敬遠三昧。そんな中、お手頃かつ美味しそうな所でノリで一切れいただいたら、これが大正解だった。だから店の名前も分からない。しかし、歩き続けてヘトヘトだった我々を元気付けてくれたあの抹茶ケーキを僕は忘れない。

あ、紅葉ももちろん綺麗だったから見てね。全6枚。

続きを読む »

京の紅葉2006 ~南禅寺~

溝も色付く先月30日に京都まで紅葉を観に行った。ここ数週間どうも胃の調子がおかしくて(前回も書いてる)大正漢方胃腸薬が欠かせない中、気合を入れて臨んだ。結果やはり途中で何度もしんどくなって休んだりしたんだけど、それでも十分行った甲斐があったね。南禅寺から哲学の道を歩きに歩き、「京都の紅葉」をたっぷり満喫してきたよ。赤・黄・緑、足を使ってこそ観られる景色、その場所だから感じられる空気。京都にはそういうものが確かにある。

写真もいっぱい撮ったから見てみてちょうだい。まずは南禅寺。全11枚。

続きを読む »

 | HOME | 

« 2006-12 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。