ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


六甲島

小磯美術館での話なんだけど、僕の近くでず~~っとしゃべり続けてる(オバハンに解説してる)オッサンがいたのよ。「先生」と呼ばれてたから何処かのしょうむない絵の教室かなんかの先生なんだろう。注意するというか殴ってやろうかと思ったけど、結局しなかった(すればよかった)。あんなにしゃべってて絵が観られる訳がない!ほんまにぃ。おまけに美術館の照明がなってなくて、鴨居の暗い絵に光が当たりまくって細かいとこがすんごく観辛かった(怒)。ろくな所じゃないです。すんごい印象悪い。まぁ今度行く時そのオッサンはいないだろうけど。

美術館は六甲アイランドにあったから、そこを回った時の写真。
一応、六甲アイランド・シティという町らしいです。人工的過ぎるし、やたらに広くて妙に不安になるような所だった。もうあんまり行かないと思う。何処かで見た覚えが?と思ったら、うちの学部の校舎だったよ・・。

続きを読む »
スポンサーサイト

Rey Camoyの話を聞きました

兵庫県立美術館神戸市立小磯記念美術館の両方で開かれていた、『鴨居玲』の展覧会に行って来たのでまとめて感想書くよ。
自画像とピエロおそらく鴨居玲の名前を知ってる人はそんなに多くないだろうし、僕も日曜美術館のアートシーンを見るまでは全然聞いた事なかった。だけど一度彼の作品を目にしたなら、そうたやすく忘れられないんじゃなかろうか。精神的な絵画。描かなければならなかった絵。暗い、退廃的な、空虚な、といってしまえば簡単だけれども、そういった見た目の印象以上にじわじわと自分の内側に入ってくる感覚がある。絵を観るというよりも、登場人物の声に耳を傾けるといった方がいいかも知れない。僕は確かに酔いどれの叫びや、ボヤキや、老人の弾くアコーディオンの音色を聴いた。それが作者の心の声なんだろうと思う。

全体に色合いが非常に暗くて、登場人物はみんな笑うどころか怒ったりボ~ッと口を開けてたりする。「生きることの空しさ、死の影」と解説には書いてあったけど、本当にそうなんだろうか?僕はそれだけじゃないと思う。世の中を斜から見てバカにしてる訳じゃない。必死に生きている人間じゃなければ持ち得ない痛みや怒りがそこにある。頭が痛くなるぐらい悩んだり、ただひたむきに単調な日々を送る事は、時に空しく感じるけれど、それこそが僕らが生きている実感なんだと思う。鴨居が描くのは、生の放棄ではなくて生へのいとおしさだと僕は捉えている。絵を観てこんなに心が揺れることもない。素晴らしかったよ。

ストリートフェスタⅡ

チャッチャッチャ第2回日本橋ストリートフェスタに参加してきたよ。
パレードとかコスプレとか色んな要素を含んだお祭りらしいです。知人に誘われたから僕はよく分からない。なんで誘われたのかも分からない。
と言いつつ、喜んで参加してしまったぜ。えへへ。

断っておくけど、違うからね。僕そういうのじゃないからね・・(どういう?)

続きを読む »

さよなら、きゃんぱすらいふ

2006年3月20日。○○大学卒業式。
座席より撮影

続きを読む »

普段着のような

スーツが仕上がったので取りに行った。実家で試しに着てみて、とりあえずサイズなどはバッチリ。母と姉にも見てもらったけど、まぁアリなんちゃう?みたいな中途半端すぎるリアクションをいただいて帰ってきたよ。やけに普通らしい。似合ってるといえば似合ってるのか?馴染みすぎなのか。

スーツ用の鞄も買ったし、もう卒業式の準備は万端よ。って、明日だった。
気が乗らないけど、ここまで揃えたんだから当然行くよね?って流れになってきてるのが困る。卒業式だもんね。行くわな普通は。。

思い出作ってきます。
でも思い出って意識して作るものじゃなくて、ただ坦々と日々を過ごして行くうちにいつの間にか自ずと積み重なっていくものだと思うのアタシ。へぇ~。

中崎津

車道を走る勇気↑間違ってシャッター押しちゃったやつ。車の邪魔だよね。

先日なんとなーく中崎町と中津を散歩してきた。前者にはオモロい店が集まってると専らの噂だったから期待してしまってた。それが間違いだった。オッシャレ~なア~ト~な雰囲気を醸し出そうとしているカフェやら雑貨屋やらばっかり。さっぱり肌に合わない(逆に合う人は合うだろう)。落胆ついでに中津を歩いたけれども、なんにもないんだコレがまた。でも少なくともここに載せた3枚を初めとして、写真撮ろうかなと思った場所がいくつかあったから収穫だ。中崎町は一つも掻き立てられなかった。いや、別にいいんだけどね。「あたし達ちょっと町外れで時間を有意義に使ってます」みたいな空気感は僕には寒かった。終わり。

続きを読む »

かき集める

不要な物を集めている。本、CD、DVD、ゲームなど。
ブックオフなんぞに売ってお金にしようという魂胆である。とうとうここまで貧乏になってしまった。いや別にお金持ちが売ってもいいけれども、僕の場合はそれが直で生活費になるという哀しい状況なのよ。さぁ僕のために泣いてくれ。

只今、祖母や実家の方にも声を掛けて集めている最中で、元気玉のようにどんどんと集まってくる予定。祖母なんかはちょこっと出してきただけでもう数十冊の時代小説が出てきてるから、まだまだ凄いことになりそう。僕はというと、本はそれほどないけどCDが多い。20枚ほどあったけど、オークションで売った方がいいようなのもあって、その辺が頭の使いどころかなと。まぁ大したお金にはならないけど、無いよりはましだ。今の僕、無いからさぁ・・。

あとは雑誌と~ギターのエフェクターなんかも集めなくては。
夢は広がるね。ま~ちっちゃい夢だこと。

公的衣類購入

あんまり気が進まないけれどスーツを買いに行った。世間的にはどうあれ、あんなものクソくらえだと思ってるけれどスーツを買いに行った。自分があんなものを着てパリッとした大人に成りすましてるのを思うと虫唾が走るけれどスーツを買いに行った。しつこい?スーツ嫌いなのが伝わればいいかなと思ってさ。

だからスーツのことなんて全然興味がなくて知識もないから、ぼったくられないように母親を連れてAOKIに行ったよ。家から出ると外は大雪!なんでだ~!真っ白になったコートを払いながら入った。

さて、一体どこから見ればいいんですか。ああいう所って結局は嫌々ながらも店員に押し切られて終わるような気がする。実際そうなったし。「はぁ・・そうなんですか・・へぇ・・」新庄ブラックとかね、リクルート・スーツとかね、2パンツとかね、色々あるんだってさ。ストライプが人気らしい。知ったこっちゃない。2着買ってもよかったけど、とりあえず1着決定。Yでは肩が入らないからA4とかいうサイズだそうで。完全な無地で、色は黒より黒い濃紺(黒は灰色に見えるね)。どれもこれもさして差はないよねぇ。あとオプション的にカッターとネクタイも選んでもうヘトヘト。これまた特別惹かれるものがない。最終的にはもうこれでエエやんみたいな、適当ですわ。

19日、卒業式の前日に出来上がるそう。ギリギリだったよ危ない危ない。
スーツが嫌いな人がスーツを買う話でした。あーあ。

さらば高槻さらば券売機

学校へ行く。最後の成績表を受け取るために。
走った。脇目も振らずただ走った。バスが山道を走った。バスかい。

今となっては当然だけど、全ての単位が取れてたよ。めでたい。
本当に久々に友達に会って色んな話をして楽しかった。ゼミによってこうも違うもんかと羨ましいような気持ちもあったり、まぁそれはそれで運命だみたいな感じで笑い合った。皆もあれやこれや色々とあったようで「へぇ~」の連発。なんにせよ各自、自分の満足する道を歩めばいいと思う。自分から望んでその場所にいるくせに、文句ばかり言ってる奴がどうも多いように思うので、そんなのにはなって欲しくない。そういう愚痴だけは聞きたくない。責任を押し付けない人間。僕も納得できる歩き方をして、言い訳はしないようにしたいと思う。

帰りに金券ショップで残ったバスの回数券を売ろうとしたけど、残念ながらダメだった。まぁ枚数もそんなになかったからいいや・・・で、ふと目をやると、「JR高槻→大阪220円」とあったので、こりゃラッキーだと思って早速買った。友達も阪急のを買ってた。これめちゃめちゃ使えまっせ、お客さん!普通に電車に乗る時に、券は駅の券売機じゃなくて金券ショップで買えばいい!いやはや思わぬ収穫だった。皆様も是非。もう駅で買うなんてバカ!(おすぎ風)

学生生活もあとは20日の卒業式を残すのみとなった。

鯉やん

鯉よ来い、ゆうてね・・近所を散歩したりもしてる。鯉。

続きを読む »

京都やん

この静けさが京都っぽいと思う京都にも行った。今まで何回となく行ってるけど、カメラ持って行ったのは初めて。わりと平凡な感じの写真しか撮れなかった。ボク平凡な人間だから。

続きを読む »

四天王寺やん

暗く見える
四天王寺に行って来た。先月21日。
あ!通天閣と同じ日だ!と気付いた方は、ブログをよく読んでる方です。
この時間は天気が悪かったから、全体的に薄暗い写真。ご了承あれ。

続きを読む »

通天閣やん

セピアにすると趣のある感じ
通天閣に行って来たよ。先月21日。めっちゃ前やがな。せやねん。

続きを読む »

写真ね載せるからね

最近は外に出るとなるとデジカメを持参するようにしてるので、64MBのコンパクト・フラッシュの中にどしどしと画像が溜まってゆく。容量一杯になると困るし、見せたがりだし、記事も滞ってることだし、ここにガシガシ載せていこうと思う。思うんだけど、写真だけで一つの記事にするって、これほど楽なことはない。技術がある人ならともかく、ただ撮ってるだけだしねぇ。まぁとにかく、新たに『写真』カテゴリ追加しといたよ。

強力にもなるだろう

あいたね。前回から間が空いたね。もう奴は失踪したんじゃないかと思われてたかも知れないけど、僕はまだここにいるよ。別にもったいぶるとかそういう事じゃなくて、ただ頭の働きが悪かったり、外に出る機会が多くて書く時間がなかったりする。と、何を言っても言い訳になるのでこの辺にしといたろ(サボッてるくせに偉そうだ)。

ここ1週間ぐらい胃腸の具合がすこぶる悪くて、ちょと休養中。そもそも休養してたはずなのに、さらに養生に努めておるよ。原因は大体分かってるけど、意識より先に体が感じるもんだね。人間の神秘に感服・・・してる場合ではない。はよ治さなアカン。

「強力わかもと」がよく効くそうなんだけど、1回9錠飲まなきゃいかんらしい。ちょと多過ぎやしないか?9錠も飲んだら、あんまり効かない薬でもけっこう効くんじゃないかな。1日3食の人なら27錠も飲む訳でして、睡眠薬を大量に飲んで自殺を図る人の姿が脳裏に浮かぶのは僕だけじゃないと思う。いや、荒治療でもいいんだ。治ればいいんだ。

初コネ

昨夜、無性に「粘土な気分」になった。素材とか色々調べてたら、今すぐ何か作りたくなったので、100均で"油粘土"と"軽い紙粘土"を買ってきたよ。紙粘土は本番用ということで、硬くならない油粘土を使って、一日中コネコネしてた。以下、出来上がったもの。すんごい楽しい。しばらく粘土ブームやね。

歯ぁ
『歯緑』

でんで~ん!
『緑おでんくん』

地球を感じるね
『イザム・モグチ』


古いのでいいから

思い立って外へ飛び出した。
別に外出するのにわざわざ「思い立つ」必要はないから、他に思い立つ理由があるのだね。そうなのだね。二つほどある。

まず、もう僕が中学に入った頃ぐらいからある近所のユニクロがなくなった。ショッピングモールの方に移転した。物凄く繁盛してたのでこれにはビックリしたけど、まぁ勝手にしたらいい。その後に出来たのが、古着屋である。僕なんかいわゆるストリート・ファッションには縁がない(疎い)から古着屋に入った事がない。アメ村にも行った事がない。アメリカとつくからパスポートがいるんじゃないかと思って・・・いる訳じゃないよ。

で、興味があるのでその店に行ってみた。古着というからには何処ぞの誰かが着るだけ着て売り払った訳で、ほとんどのが魅力なさげな模様が入ってる。でも何しろ安いのがいいね。今日は何も買わなかったけど、また行こうと思う(古着さえ買えない財政状況・・)。

続きの話は、次の記事で。

 | HOME | 

« 2006-03 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。