ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


益々ご健勝のこととお喜び申し上げます

さっきビックリして椅子から転げ落ちそうになった。「それ」は、とあるお知り合いの方の好きなバンドとして挙げられてたんだけど、僕は知らなかったのでちょっと検索してみたのよ。そしたらそこには・・・お世話になった先生じゃないですか!音楽学校時代、まさに付きっきりで音楽理論を教えていただいたのが"Tribecker"のベーシスト、澤さんです!いや~おひさおひさ(笑)。まさかこんなとこで再会できるとは。変な偶然ってあるもんだね~。なんかわりに有名になってきてるようで、雑誌やラジオのお仕事もたくさん書いてあった。活躍しておられてとても嬉しい。夜中に感動して興奮してアドレナリンがいっぱい出たよ。またお会いできるといいな(なんとなくそうなる気がする)。

そして遂に念願のルタオ"ドゥーブル・フロマージュ"を食することが出来て、もう僕は今幸せ絶頂にいる。このまま死んでも構わな・・・くないけど、とにかくたまらん美味しさです。こういうチーズケーキを作って欲しいんだっていう味がする。

さて、そろそろ苦しみも味わわねば。。

スポンサーサイト

地球はそこそこ青かった

母ちゃん、この家寒いから南の島かなんかに引っ越そかぁ。ん?まぁそや、引越しには金が必要や。せやから働けってか?そうくると思ってたわ。当たり前の返しをしよるな。ヒネってこんかい。ちょっと言うてみただけやがな。なんでもかんでも本気にすなよ。なぁ純ちゃん、お母ちゃんすぐ本気になるから嫌やなぁ?なぁ純ちゃん。純ちゃんよ。純ちゃんて。なぁ。なぁて。・・・無視か。おっしゃ、寝よ。

ゆうてる場合か。
ダイモヤンドシテー
"Google Earth"を知ってるひと~。いち、にぃ、さん、はい降ろして。
かなり遅ればせながらだけど物凄いねこれ。衛星画像で世界中どこでも見れる。駅や自分の家はもちろん、ピラミッドや自由の女神、マイケル・ジャクソンの家からフランスの風俗店まで見れる・・・と思う。頑張れば。まずはインストールして使ってみましょう。やっぱり最初は知ってるとこを探すと楽しい。あぁ楽しいこりゃ楽しいぞ~参った参った。

Google Earthで阪急中津駅を探しながら(なんでだ)PCに入ってるものとAmazonの視聴とを併用して色んな曲を聴いてるよ。Devin Townsend→Bill Evans→Bob Dylan→Freddie King→Albert King→Jeff Beck→Freak Kitchen→井上陽水・・・結局は陽水だった。なんかブルージーな時間もあったね。フレディ・キングもアルバート・キングもやっぱ素晴らしい。彼らに比べりゃクラプトンなんて寝言やね(これが言いたいだけ)。ジェフ・ベックの緊張感あるプレイは、いつ聴いてもむちゃくちゃカッコいい。クラプトンなんて聴く必要ありまへん(しつこい)。

突き刺す快感

なぁ爺さん、こないだもろたアレな、きょうび流行らんゆうてせがれに突き返されたで。それにパチモンやったみたいやで、ホンマしっかりしてや~頼むで。ほんで今日はそれ何してますのん?ハトに餌を・・っておいおい、肝心なハトが何処にも見当たりまへんで?頼むわぁ。爺さんそういえばいつもの覇気があらへんな。目もずっと一点見つめやし。大丈夫か?もうエエ加減、餌撒くのんやめてこっち見て~な。なぁ爺さん。聞こえてるやんな?なぁ・・・おい!どうしたんや!こらアカン止まらへん。完全に「自動餌撒き機」と化しとぅる!爺さん!しっかりせぃ!今助け呼んだるからな!誰か~!誰かぁ~~!!

ゆうてる場合か(なんじゃこれ)。今日は自分の能力以上に頑張った。卒論まっしぐらよ・・一応はね。図書館でニューラルネットワーク(まだ理解してない)の本を4冊も借りて、やる気を見せ付けている。ただ出来るとは思えないので無駄骨になりそうで怖いんだけど。卒論に意義なんてない、書く事が目的なんだよと先生に言われ、なんだかようやく目が覚めた感じがしておるところ。

ゼミで512MBのUSBフラッシュメモリを買ってもらったよ。嬉しいな。USBポートに突き刺すやつね。あと、村上春樹"東京奇譚集"を読み始めた。一話目からいきなり泣きそうなくらいグッときてしまった。嬉しいな。さすがにハルキは格が違う・・という事じゃなくて、僕によく合ってるんだね。一気に読み終えそう。

崖から落ちかけている

純ちゃん・・なんかお父ちゃん、ねむなってきたわぁ。なんや分からんけど優しい穏やか~な気分なんや。なんでやろな。今な、ボ~ッと純ちゃんが産まれた時のこと思い出しとった。可愛かったなぁ。ホンマ可愛かった。あぁ天使が舞い降りたんや、おもたで。大きなったもんやなぁ、こんなちっちゃかったのになぁ。これからもっと大きなるんやもんな。楽しみやわぁ。おっしゃ、ほなワシ寝るからな。元気で・・・お父ちゃんおらんでも勉強頑張るんやで・・・ほなな・・・・・・って、誰が寝るか!こんな寒い部屋で寝たら凍えてお陀仏やないか!純ちゃんも絶対寝たらアカンで。

ゆうてる場合か。あの~阪神大丈夫ですか?王手かけられちゃったよ。究極的にヤバイよ。リリーフが全員打たれるんです。金本が全く打たないんです。向こうは三試合連続10得点です。もう勘弁してくれ。許してくれ。少しは手抜いてくれ。「今年は日本一やで」って色んな人に言ってるんだけど・・誰にも信用されなくなる気がする。

今日はブックオフに行って、また100円本やら250円CDやらを入手してきた。良さそうだったらそのうち紹介するよ。本やCDは買った時に紹介すればいいのか、それとも十分味わった後に感想ついでに紹介すればいいのかが分からない。まぁ誰も参考にしないんだろうな(阪神負けたら特に)。

雰囲気ね、雰囲気

ZガンダムⅡの映画予告編のナレーション、遠藤憲一の物真似をしてみた。

こちら




別に誰にも頼まれてないんだけど。罰ゲームでもないよ。

中の継×2

ただいまぁ。純ちゃん、ほれお土産や。あのいつも公園でハトと遊んどる爺さんおるやろ、あの人にもろてん。それあれや、かの有名な"卵っちん"ゆうやっちゃ。遂に働かずして手に入れたったわ。ワシも一人前やな。うへへ。・・・ん?なんや純ちゃん浮かん顔して。嬉しい時は嬉しそうな顔するもんやで。え!?もう遅い?ブームは過ぎたってか?しかもそれパチモンなんかいな。そうかぁ、残念やったなぁ。ワシ本物見た事ないさかいに、よう分からんねや。今度はもっとエエもんもろてくるさかいな、堪忍やで。しっかしこの家は寒いなぁ。

ゆうてる場合か(ちょと切ない)。今日は"奥田民生×木村カエラ プレミアLIVE"を見てた。ヤフーBB会員なので。映画"カスタムメイド10.30"の宣伝そのものなんだけど、なかなか見応えあったよ。民生ちゃんは噂通りかーなりギター上手い。音がいいしバッキングも気持ちよかった。もちろん歌も最高で"さすらい"、"細胞"などいい曲いっぱい。沁みたよ。あのオッサン臭さは悟りの境地かも知れんね(笑)。木村カエラちゃんは、トップランナーでやったのと同じ3曲のみ。なんといってもBeatが良かったです。映画観に行きたくなったなぁ。民生ちゃんファンになりそうだし。

で、GyaOではAIのライヴ中継があってなかなか忙しかったんだ。途中で見れなくなったんだけどバックバンドが外人で、すんごい迫力あるパフォーマンスだったよ。AIの歌、大好きなんだけど曲がなぁ・・と、ついつい愚痴ってしまう。もったいない逸材だねぇ。売れてるけどさ。

ちょと特殊な日だった。あ、髪切ったよ。

いまだにアホ

寒いなぁ。ちょと純ちゃん、そこの窓閉めて。え?窓あらへんの?なんで?ん?窓を買う金がない?んなアホな。窓の一枚も買えへんような家が今の時代ある訳・・・あったがな。ワシ働かんとずっと寝とるもんな。わはは!(泣)
今日のとこは我慢しよか、純ちゃん。

ゆうてる場合か。本日は久々に実家に顔出してきた。1ヶ月ぶりぐらいかな。まぁ相も変わらず皆元気だ。奨学金の書類を渡してきたよ。なんと姉の学校に比べると二倍ぐらい金額が大きいらしい・・(-_-;) 私立は高いな~もっとちゃんと勉強すればよかったな~と今頃思う訳だ。これから奨学金にボディ・ブローのようにゆっくりじわじわ苦しめられながら生きていくよ。

さっきTVで"スティル・クレイジー"って映画観たよ。一度頂点に立ったロックバンドが解散し落ちぶれ、しかし困難を乗り越え再び復活するという、まぁコントみたいな話(笑)。物凄く安っぽいんだけど、ロックの血が騒いで最後まで観ちゃったよ。やっぱいいねぇロックはアホで。特に昔の。今のバンドに惹かれないのは、ダサくないからかも知れない。例えばオジー・オズボーンみたいな"いつ死んでもおかしくないんじゃ?"っていう危うさがないと。心も体もボロボロで切羽詰ったものじゃないとグッとこない。内に内に向かうシャイな音楽もいいけど、インテリは勘弁だ。音楽を学ぼうともせず、ただお祭り騒ぎするだけのアホはもっと嫌いだ。やっぱジミヘンやな。エクスペリエンスやな。ほんで阪神負け過ぎやわな。

確認作業

寒っ。寒いわぁ。ちょとお母ちゃん火ぃつけて。え?アカンの?まだ10月やからアカン?なんやねんな相変わらずケチっとんなぁ。貧乏人はこれやからなぁ。全くぅ誰のせいで貧乏なんやろ?あ、ワシか。ワシいちんちじゅう寝とるもんな。こら傑作やな。がっはっは!

ゆうてる場合か。昨夜はご立派なゴキちゃんがPCの裏の壁(つまりは目の前)に現れて、そこは一時戦場と化した。しかもスカイプ中だったので音声が生中継されて、聞いてる側の方々はなかなか面白かったんじゃなかろうか。こっちは必死だったけど。ご存知のように僕はとても弱虫なので、寝ている祖母を起こして退治していただいた。悪いよねぇ。聞く所によると、祖父も虫が苦手で同じように逃げ回ってたらしい。全てはDNAの仕業なのだ。

日本シリーズ第一戦。阪神ファンの多くがそうであるように、僕も井川はまず負けるわなと予想してたので、大敗にも驚かない。まず試合直前に急に思い立って"古本市場"に行っているところに、この試合に対する僕の姿勢が出ている(別に何しても自由なんだけど)。特に何もなく「そこに本やCDやDVDがあること」を確認して帰ってきた。もちろん店員は「いらっしゃいませ」を何度も宙に向かって言っていたし、ある客はCDを手に取っては裏面を見てまた元の場所に戻す作業を繰り返していた。立ち読みをする者や座り読みをする者もいた。どうやら今日も地球は回っていたようだ。

打倒千葉ロッテ。これからが勝負じゃ。

健康なジャンキー

で、地元に帰ってまだ時間があったので本屋へ。ようやく村上春樹"東京奇譚集"を購入。あと、"Meets Regional"の本特集もオモロそうだったので。あとあと、これは買わなかったけど"贅沢なおやつ"って本も気になる。本上さんとはなちゃん、その時点で鼻息が荒くなるらしい。

そういえば、中島らも"今夜すべてのバーで"を読了したんだった。らもさんの自伝のようなそうでないような、とにもかくにもアル中のお話。これだけアルコールでボロボロになる話を書いたにも関らず、結局彼は最期まで飲んでたし、僕の知人にも彼のファンだけどアル中っぽい人がいる。体に悪いの分かっててもなんだかんだ理由つけて飲んじゃうんだよね。弱い人達だ(繊細だからとかいうフォローは絶対しない。ただのアホだよ)。

アルコールの他にもジャンキーな話がたくさん載っていて勉強になるよ。1987年のアメリカの興味深いデータがあって、アルコール関連の死亡者数が9万8千人。薬物死が約3万人、不法薬物死が4200人(その内ヘロインが1400人、コカインが800人)、タバコによる癌死は32万人だってさ。一見してタバコ・酒がどれほど体に悪いか分かる。ヘロインもコカインも物の数ではないし、マリファナやハッシッシは常習性がないからキャンディみたいなもんだ(抜粋)。

世間的には喫煙者排除の方向だけど法的には許されてるし、じゃあドラッグはなんでアカンねんっちゅうこっちゃ。なんでタバコを国で作って売っとんねんっちゅうこっちゃ。隠れアル中の奴がなんでデカイ顔しとんねんっちゅうこっちゃ。世の中何かとおかしいことが多いけど、片方で健康食品にサプリメントを摂りつつ、片方で自分から体壊してるアホがそこら中におるんや。内臓やられながら見た目だけ綺麗になるんかい。はい、愚痴が止まりません。ゴメン。

一皮向けたら

登校の日。今日は昼から奨学金返還についての説明会があるというので、いつもより早く家を出なきゃならなかった。とはいえ僕の事だからギリギリになる。バス停に着いたのが11時33分ぐらいで、35分と50分発車のバスがあり、説明会は12時15分から(時間厳守)。35分のバスは席が埋まっているから立つしかない。そこから学校までは約20分~30分と幅がある。「ここは賭けだ」ということで、1本待って50分に乗ることにする。そして・・・見事12時8分学校到着!!いやはや、ダテに4年通ってないね(自己満足)。

って、長々と書いたけど、ゼミの方はなんとなく卒論のテーマが決まりそう。プログラムを組む可能性があるから汗が出るけど、テーマさえ決まればあとは突き進むだけなので、ちょと気分が楽になったよ。

帰りは梅田のCD屋で木村カエラの"Beat"を視聴。ラストの盛り上がりはデヴィン・タウンゼンドをも思わせる素晴らしい曲だけど、近々アルバムが出そうな予感がするので見送った。僕も大人になったもんだ。

フィルタモード・キャスティングモード

家に閉じこもってる間に、後ろ髪が伸びてきた。おそらく毎日外に出てても伸びるんだろうけど、鬱屈した精神と相まってさらに優れない。髪形というのはけっこう重要で、さっぱりすると気分も多少は晴れるし、モッサリすると気分も重くなる。という訳で、ジャンボ尾崎にならないうちにさっさと切りたいと思います。

TVがなかなかつかない。前々から電源を入れるとしばらく真っ暗の画面から「カチッカチッカチッ・・」という音が出続いて、数秒~数分待ったらようやく画面が映るという症状は出てたんだけど、今日はいくら待ってもダメだった。最終的にTV本体を動かしまくったら、何かの弾みでついたけど。寿命だ。買い換えなきゃ。

これを機にTVを卒業しろと言われたけど、それはなかなか出来んねぇ。なんせTVから生まれたようなTVっ子なもんで。でも確かにTVを見なきゃ、これほどたくさんの有名人を嫌いにならなかっただろうね。そもそも誰が有名で誰が話題なのか知る必要なんてないんだし。知りさえしなければ、寝る前に妻夫木とか玉山鉄二についての文句を小一時間言わなくてもいいんだから(あ~心から奴らが嫌いだ)。デジタル放送もいいけど、TVの新機能として"嫌いな有名人フィルタ"を装備してもらいたい。スイッチを押すと見たくない奴等がTV画面から消えるのだ。快適よ。もっと進化して"マルチ・キャスティング"とかいうのはどうだろう?TVドラマはロクなのが出てないから、もう視聴者が自分でキャスティングしちゃうのだ。僕だったら本田博太郎氏を全てのドラマの主役に置くね(それもどうなんだ)。TV卒業どころか、いつの間にかTVの未来を考えてしまった。

月を喰らう

部分的月食

部分月食である。驚いたことに月が欠けて見えるのである。

夜空を見上げ、彼は叫ぶ
「あ、母ちゃん!欠けと~る!お月さんがな、欠けと~るで!
ほら見てみぃな、はよはよ!みかんパクついとる場合ちゃうで!」

とはいえ、実際に月の形が変形する訳ではない。アンパンマンのようにお腹のすいたカバの子供がかじったりだとかそういう事でもない。太陽と地球と月の位置関係によって月があたかも欠けたかのように見える、ただそれだけの事なのだ。空の神秘である。

※上手く撮れませんでした。右下がちょと月食風なんだけど・・

ダメでもいいじゃない

あるある大辞典Ⅱで、体の各部分を引き締める効果があるという体操を紹介してた。わたくしも最近密かに腹のたるみが気になっているので参考にせねばね。無酸素運動と有酸素運動の併用が効果的だそうだ。動きはわりに簡単そうだから頑張ってみようかな。目指せ新庄。

爆笑問題のススメに落語家の立川志らく氏が出てた。ご存知のように爆笑の太田さんは立川談志氏の大ファンなので、かなり熱く語っておられました。「落語には人生の喜怒哀楽が全て表現されている。一人の人間が生み出す最高の芸術だ」「人間は誰もが弱くて醜い。それでも憎めないものなんだ。落語に格好いいヒーローは登場しない。ダメな人間にやさしいのが落語である」あ~すんごく落語聴きたくなったよ。CD買おうと思った次第。談志氏は偉そうで嫌いだったけど、彼の落語も物凄いことになってるそうです。聴きたい!!

サヨナラCOLOR(再)

よしぉ氏も観たという"サヨナラCOLOR"の話をもう一度ここに書こうと思う。というのは実は二回観に行ったので。色々と感想も変わってきているはずなんだ。(あっちにコメント書こうと思ったら長くなったし)

泣いてる人もたくさんいたらしいし、僕自身もグッとくるものがあったんだけど、あの作品は基本的にコメディだと思うんだよね。変な仕種やエピソードや、お祭り的にゲストが多いのも、笑ってねというサービスだと思う。そもそもこの映画を撮る経緯が普通の映画とは違うしねぇ。これは僕の勝手な憶測だけど、竹中氏は「そこらの感傷的な恋愛話にはしないぞ」という拘り(ひねくれ)を持って、こういう少しヘンテコだけどなんか残る作品を創ったんじゃないかな。笑いによって作品と観客にある程度の距離を持たせておく。そうすることであくまで淡々と描かれる"よくありそうな"男女関係を、より一層サラッと見せる・・・かどうかは知らないけど。なんにせよ、軽~いスタンスで向かい合うのがちょうどいい気がする。そして「なんだか違和感だらけだけど、ちょっと温かい気分になったような」という感想が妥当なんじゃないだろうか。

ゆうても地味で変な映画だから好きなのかも。凝ったストーリーは僕には必要なくて、何かしら作品の姿勢みたいなものに共感できればいい映画だと判断するみたい。観た場所が伝説となった(笑)第七藝術劇場だったことも多少は影響してるのかな。あそこでサヨナラCOLORを観られたことがとても嬉しい。

24?

花の首飾り気分が乗ってたので、帰りは大阪の行きつけの中古屋へ。お目当てのもの(ジェームズ・イハ等)はなかった。でも何かしらはあるのだ。という訳で、井上陽水の"花の首飾り"とウェイン・ショーターの"Night Dreamer"を購入。前者はやはり彼の作り出すネットリした雰囲気が素晴らしい。違う曲みたい。

Night Dreamer後者は24bit盤だから音がいいはずだ。たぶん。わりと聴き易いどえす。ジャズらしいジャズ。ウェイン・ショーターは僕としてはもっとこう、内に内に入るようなのがいいんだけど。現在のような。


あ、レビューに「音悪い」って書いてある。。

遠藤憲一?

学校に行ったら図書館に直行するのがお決まり。むしろ図書館に行くことが登校の目的になっている。アカンがな。アカンねん。

まずはいつものようにキネマ旬報をチェック。面白そうな映画がたくさん載ってるけれども、基本的キネマ知識が圧倒的に不足しているので、自分が観たい映画をふるいにかける事ができない。エンケン対日本武道館ヴェニスの商人乱歩地獄などテアトルのが気になる。エンケンって誰やねん。あとはMdNと日経デザインをパラパラっと見て、「オモロいなぁ」と感心したら気が済んだ。

i got a gut

あ~また心理ネタを得てしまった。今度誰かに試してみよう。
なんだか人の見方まで変わってきそうで怖いなぁ・・と独りごち。

実家で放ったらかしになってたクラシックギターがうちに届いた。僕以外誰も弾かないから、当然誰も見向きもしない。クローゼットの中で埃を被ってた可哀相なやつなんだ。そもそもが頂き物であんまり高そうじゃないんだけど、「クラギの音がする」からそれだけで満足。フォークギターでジャカジャカもいいけど、やはりピロピロ弾くにはクラギが一番だ。ナイロン弦(ガット)の音が気持ちいよ。早く弦張りかえて生き返らせてあげなきゃ。

明日は学校なので今ちょと焦りながら既存の研究を探してみたんだけど、これが英語の文章ばかりで読む気が失せる。日本語のページはリンク切れが多いし、なんだか先行き不安。卒論なしでこう、政治的な力で卒業させてもらえんかねぇ?特にコネクションもないんだけどさ。

原点回帰

3連休は僕にとってはあまり関係ないけど、それでも世間の風潮というか風当たりというか雰囲気がそこはかとなく"休日っぽい"ので僕も休日らしく過ごしたくなる。3日間ずっと家にいるのもどうかと思うので外に出ることにしたよ。

空は一面の雲で、いかにも優れない。ボナパルを漕ぎ出して2分くらいでさらさらと雨が降ってきた。強くはないけど量が多い雨。このままだと新しい鞄が濡れて汚れてしまうので、とりあえず実家に逃げ込もうと全速力で漕ぐ。するとどうでしょう、やがて雨は上がったのです。僕は雲の魔の手から抜けたのだ。雲を追い抜いた。脚力の勝利である。そいじゃあ実家に行く必要はないなと判断して、目的地であるブックオフに向かった。ブックオフかい。

久しぶりなので楽しい。本は105円本から文庫も単行本も見るし、CDは全ジャンル見回るし、DVDももちろんチェック。気が済むまで1時間半ぐらい掛かるからなかなか大変なんだ。オノ・ヨーコや寺山修二の本を探したんだけど置いてなくて残念。仕方ないので星新一にしといたよ(よく分かりません)。最後はみんな星新一に戻るのだ。ほんまかいな。しばらく風刺満載のブラックな人間になりますのでよろしく。あと大田垣さんのも可愛いから買ってもた。

ブランコのむこうで盗賊会社わたくし的読書

ふぃぎゃ

海洋堂フィギュア・ミュージアムに行きたい。僕は別にフィギュア・コレクターではないけど、チマチマしたのが大好きなのよ。特に海洋堂のは精巧な作りで有名だよね。チョコエッグは買いまくったので(祖母がね)家にも海洋堂製のものがたくさんある。以前このブログにも登場したカエルちゃん達はいつもPCの前に座ってたりね。そのリアルなフィギュア達が集結すれば、よりリアルな世界が再現されているのは間違いない。そうだよね?そうなんだよ。

滋賀の長浜にあるということで、遠くないからいつか行ってみようと思う。入館料は実質タダ!(300円払ってガチャポン1回して入るらしい) 嬉しいね。
あぁ楽しそ~行く前からワクワク♪

ヒュイヒョロリ~♪

夜明かししたらめちゃオモロい番組やってますねん。寝られまへんねん。地球ドラマチック、「魔法のくちびる~世界口笛大会~」。あぁオモロい。みんな口笛うま~~!!ややこしいメロディも的確に綺麗な音を出すんだよ。音量がデカいしね。唇だけじゃなく、舌で吹く口笛、喉で吹く口笛、すんごい興味深いよ。僕もマスターしたい~。

「口笛文化の衰退は非常に嘆かわしいことだ。口笛は我々の精神を開放する、生活に欠かすことの出来ないものの一つだ。口笛はもっと音楽的に評価されるべきなんだ」っていう真剣な主張はちょと笑えるんだけど(失礼)この番組、DVD化して欲しいなぁ。もしされたら絶対買うよ。
さぁ皆も口笛吹いて心晴れやかに参りましょ~!(^3^)~~♪

ボンズ・ターン・ルマンド

本日は母親の誕生日会という名目で家族揃って外食。市内では宴会場として有名なボンズに行ってきたよ。あまりにも有名すぎていいイメージなかったんだけど、料理はどれも美味しかった。色々食べてお腹いっぱいよ。ぷりぷり海老マヨネーズ、一口餃子、ポテトチーズもち、なんこつ唐揚げなどがオススメ(食べた中では)。僕は酒を飲まないので食べ物の話ばかりになる。

家に帰ってからのパターンとなりつつある、パズルコレクションの新作に挑戦(実家は定期購読している)。今回のターンテーブルは簡単だったなぁ。何か特別なルールがあるのかも知れない(解説見てなかった)。

最近のお気に入りおやつとして、ブルボンのクラッシュ・ルマンドを挙げる。軽くてサクサクしてておいちい。でもこれパッケージが異常に厳重なのが難点。無駄に糊付けし過ぎだし、無駄に良い紙を使い過ぎなんだよね。こないだそのせいで指切っちゃったよ。僕がアメリカ人なら訴えてるぞ。全くもう。

ちなみに松下奈緒さんの図書カードプレゼントにはもう応募しました。えへ。

ビジョンを示せる人達

もうだいぶ前になってしまったけど、阪神の今季最終戦はまさに有終の美といっていい感動的なものだった。37歳下柳が最多勝をかけ、なんと10回表まで完投するという驚きと、鳥谷の劇的なサヨナラホームラン(この日2本)という幕切れ。シナリオがあったかのような一種神がかり的な試合を見せてくれた。ありがとうありがとう。こうなると野球というもののエンターテイメント性、観客の心をその瞬間だけ浮世離れさせる力を感じる。

星野仙一氏とMBSの角アナと板東英二氏の3人の対談を見てたんだけど、野球好きとしては胸がじ~んとするようないいこと言うんだこれが。野球界が危機を迎えているのは誰もが分かっていることだけど、これほど中身の充実したお話はなかなか聞けない。次回は特番をTBSの全国ネットで是非!って冗談で言ってたけど、ホントにやって欲しいよ。この方々に野球界の将来を任せてみたい、そう思った。(あ、対談の中身は割愛:ブログに書く意味ね~)

これだけじゃ読んだ皆が怒るからおまけ。板東さん・・これでいいんでしょうか・・

揺れ動くのだ

一旦治ったかと思ったら、また違う症状で調子を崩してる。心配はご無用。
起きてると頭がクラクラする。ただの寝不足かも知れないけど、このままでは明日もまた休んでしまう可能性大。いかんよこれは。いかんよ。

朝日新聞に村上春樹氏のインタビューが載ってた。読んでいくと、あれ~これは・・自分の本の宣伝か?と疑ってしまうのだけど(間違いない)、やはり彼の視点は興味深い。「戦後の日本社会は矛盾を抱えた規範なき社会なのだ。混沌とした揺れ動く世界では、静止したものではなく両方が揺れながら関係を変えていくものの方がリアリティを出す」彼の作品には今流行の"答え"がない。だからこそ惹かれるんだろうと思う。

そもそもこの世界において本当に正しいことなんて皆無に等しい。正しい道、正しい生き方、正しい死に方、そんなもんあってたまるかい。「何をしても全て正解なのだ」と何処かの寛大な人みたいな事は言わない。逆説的だけどいい詞があるよ→「何かを悪いと言うのはとても難しい。僕には簡単じゃないことだよ(東京事変 "透明人間"より)」人間というのはとても曖昧で影響され易くわがままな存在で、それが集まって創る社会はそれこそカオスであって、その中で善悪を固定した意見は全く不要だ。僕はあまりちゃんとした意見を言わないので、シャキッとしない人間だとよく言われるけど、何が悪いんだ。柔軟に灰色な部分を持っていることこそが人間らしさだと思う。白黒つけようとするから争いが起こるんだ。男はこういうもの、女はこういうもの、人生はこうでなきゃ、そんなのいらんよ。少なくとも僕には興味がない。

・・えーと何の話だっけね。あぁ村上さんの新作手に入れなきゃな~。

自己認識

先日、人前で初めてといってもいい弾き語りを披露したとこなんだけど、今ちょっと反省というかショックを受けてます。録音して聴いてみたらヒドいもんだ。歌は元々しょぼいの分かってたからいいけど、ギターが最悪。コードが途切れてるよ。素人かよ。泣けるよ。スカイプやチャットでこれを堂々と晒してたかと思うと・・(-_-;) 録音するとかビデオに撮るとかして、後で自分の姿を客観的に見るのは一番勉強になるんだよね。先にやっておくべきだった。もう遅いけど今度からもっと良い演奏を心掛けます(知人達へ)。

なんにせよ、弾き語りなんて深夜にするものではない。

今日は何もなかったので先日の話をもう少しすると、珍しく外食を何度かしたのです。納豆うどん、釜揚げそば、カルビ石焼ピビンバを各日。あとの二つはとても美味しかったけど、納豆うどんは失敗だった。納豆の味しかしないんだもの。でもこれからもこういったチャレンジ精神は大切にしたい。ハングリーな少年の心を持った、LEONか何かに載るような「ちょいワル」のオヤジになりたい。
・・ゴメンなさい。嘘。冴えない貧乏臭い理屈っぽいオッサンになると思う。

形而上ならば神秘的

療養という名目でさぼってました。もう一度言います。さぼってました。
心配された方はありがとう&ゴメンなさい。冗談抜きでさぼってました。

9月最後の日にはデ・キリコの展覧会に行ったよ。これがね、予想以上の難解さで・・・いや、芸術に理解なんてのは無用なんだけども。客層はオッサンばかりで皆難しい顔で作品を睨んでたけど、たぶんほぼ全員頭がこんがらがってたと思う(笑)。作品コンセプト・タイトルはとにかく「形而上」「神秘的」という言葉の連発でして、作品には大概「マネキン」が出てくる。マネキンはとてもラインが美しく、無表情で(当然)冷たい雰囲気がかっこいい。

僕は立体作品のマネキン像が好きだった。ああいうのを部屋に置いとくと、誰かが遊びに来た時にわりと謎めいた人間を演出できるんじゃないだろうか。

「ぶりさんって何処かミステリアスなのよね。アタシそそられるわ」
・・言われてみたい。形而上ではなくて。

※形而上→時間・空間の感性形式をとる感覚的現象として存在することなく、それ自身超自然的な、ただ理性的思惟によってとらえられるとされる存在。(広辞苑より)

 | HOME | 

« 2005-10 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。