ぶりぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エブリバーガー

エブリバーガー幼少時代によく食べていた懐かしの"エブリバーガー"を食べてる。バーグの部分がチョコで出来ていて、パンの部分がスナックで出来ている。味はともかく、僕はこの形状に惹かれてるらしい。本物のバーガーに似てる~とかそういう事ではなくて、このチョコのハミ出し具合がなんともいい。これ昔から思っててね、今見てもやっぱいいなぁと。9割方ハミ出てるからね。おそらくそうしないようにする技術ぐらいあると思うんですね。絶対わざとやってるんだ。違和感こそ全ての美に通じる。いや、別にエブリバーガーが美しいとかではなくて、何かこう放っとけない感じがあるんだなぁ。僕だけですか、やっぱりね。

スポンサーサイト

セットでどうぞ

RSSにハマッております。何処のブログにも大概書いてある「Syndicate this site (XML) 」とか「RSS1.0」とかの事ね。これを活用すると、更新情報がサクッと分かってすんごい便利なのです。あ、ブログ界ではとても常識的なことを書いてるけども気にしないで下さい。僕は先日使い始めたばかりなのさ。

RSSを読むにはRSSリーダーがいるんだけど、僕なんぞは高性能タブブラウザ"Sleipnir"を使ってるから、それも簡単に装備できる(こちらのRSSバー)。あ~なんて快適なんでしょう!これでブラウジングの時間がだいぶ減るはず。その時間を利用して、料理の腕を磨くもよし、歯を磨くもよし、靴を磨くもよし、何を磨いてもいいんだから。別に磨かなくたっていいんだから。

そんな訳で、「SleipnirでRSSを読む」これオススメ!

おめでとう会

ふぅ・・終電で帰宅。
僕には珍しく友達と食事などを。就職が決まっておめでとうの会ね。もちろん僕はまだ放浪の身だけど。すんごく久しぶりにアルコールを摂取したので体の反応が早かった。ビール半分ぐらいでもう眠い。あぁ眠い眠い。半分寝ながら食べてた(笑)。ま~それにしても、めでたい!皆頑張ったもの、報われてよかった。

食後はボーリングなどを。僕の調子はそこそこで、3ゲーム目は144だったかなぁ?過去最高かも知れない。Round1だったんだけど、店員に写真撮ってもらったりもしたよ。なんか変なイベント(客が横一列で一斉に投げるやつ)でストライク出した人がいたので(笑)。その彼は将来社長になるのが決定してる訳でして(僕らの中では)、なかなか勝負強い。やるよ彼は。

楽しかった。刺激もあった。いつまでもじっとしてたらアカンね。

痛いの痛いの飛んでけ

これが出るまで携帯を変えるのもMP3プレイヤーを買うのも待とうと思います。
って、au向けだったらどうしよう・・。

今日は特筆すべきイベントはなかったです。
一つ言いたい事というか、痛い事はある。いつの間にか尻にデキモノが出来てるんですね。少なくとも昨日の舞台の前には出来ていたらしく、昨日はかなり「し、尻が・・尻が・・イタイよぅ」状態で観劇してたのだ。誰にも気付かれなかったろう(たぶん)。2時間弱、圧迫され続けていたから多少悪化したと思う。かわいそうに。極めて遺憾と言わざるを得ない(最近流行の言い回し)。

座席の座り心地を改善して欲しい。もうちょっとどうにかならんのかしら?デキモノの有無を問わず、必ず痛くなるのよ。よしぉ曰く「未来型座布団が開発されるまで待つしかない」そうだ。ウォーター座布団とかテンピュール的なさぁ、我々の体重を吸収してくれる敷物はないのかね?ナイキ・エアジョーダンみたいなさぁ、エアがさぁ。でっかいマシュマロのようなのがドカンと置いてあって、そこに客が皆で寝転がりながら観れたりしたら楽しいと思う。僕は寝てしまうけどね。

「○○劇団は芝居はヒドイけど、座席が最高なんだよ。君も一度体験するといい。あの座り心地ったら天国にいるようだよ」みたいな会話もない事はないだろう。座席が客を呼ぶ劇団。そういうの結成しようかな・・

HOPE

ひでぼん劇団ことテトラクオリティの舞台『HOPE-2005』を観て来ました。
正直な話、今回はダンスがあるという事で「ミュージカルはちょっとなぁ・・(違うって)」と勝手に想像して敬遠しかけてたのよ。そんな時、よしぉが東から凱旋帰郷するというから、それなら一緒に行こうという事で。

話はソフトSM・・じゃなくて軽いSFといった感じで、西遊記がどうたらこうたらなんだけど、なかなかに爽やかな作品でした。シンプルで分かり易かったので頭の回転の鈍い僕にピッタリ。各キャラクターも立ってて、冒険もの的なロープレ的な安心感がありました(笑)。そういう中でやはり今回の(たぶん)目玉であるダンスは、いいアクセントになってたと思う。迫力あった。ひでぼんもしっかり笑いとってて、存在感あったよ。観てて楽しかった。

・・結果として観に行って大正解だった訳です。エネルギーが貰えて嬉しい。でも舞台を観るといつも高揚してなかなか眠れないのが難点。今夜も遅くなりそうだ。よしぉは多忙なので共に食事する時間もなかったけども、まぁ会えてよかった。にしても彼はちょっと色白過ぎる。日光に当たらずビタミンDが足りてないんじゃないかなと心配するけど、実はそんなに心配してないんだこれが。

alone

久しぶりに純粋な日記を書こうと思うんだけど、読む人がいないような気がする。ひでぼんは舞台で忙しいし、よしぉはそれを観る為に関西へ戻っているはずだし、花梨さんはネットに繋げない状態。独りかい。わし、独りぼっちかい。砂漠の真ん中で置いてけぼりかい。まぁこれもそう長くはないだろうから、貴重な体験として楽しむのもいいかも知れないな。Mかい。わし、M男かい。

今日は比較的活発でした。昼間なんかはギターをアンプに繋いでギュイ~ン バリバリ・・って、ジャックの調子がおかしい!もう何年も故障したままなのよ。修理を頼むのが面倒で(ダメじゃん)。それはともかく、テクニックは確実に落ちてるけど音は前のままだった。理論の方をそろそろ忘れ掛けてるので、また復習しなきゃ。メロディックマイナーどんなんやったかなぁ・・(汗)。

蒸し暑い中、実家にも行った。特に何もしないんだけどね。タコワザビ食べながら阪神巨人戦を見てた。阪神は見事な逆転負け。ま、たまにはリリーフも打たれるわな。何しろタコが辛いんだよ(そこかい)。

さて、明日は上記の舞台を観に行く予定。今回は戦国時代の話だったかな?三国志だっけ?SFホラーか?あれ~全然違うかも。観てのお楽しみ。

ミュージカル・フライデイ

バイオハザード2を観たよ。ゲームの方を楽しんでいた人間としては、全然つまらなかった~。ミラジョボの良さも活きてない気がするし、全体として完成度が低いような・・・まぁいいや。ゲームで既に完結してると僕は思う。あれ以上はないんでしょう、きっと。

また音楽の話がしたい。Mステ豪華だったね~。ミスチルにスキマにDef TechにBack Street~ですよ。その中でもDef Techカッコえ~!客席に近付いたりして、熱いねなかなか。彼らの事はよく知らないけど、伝わるものがあった。カッコつけてばかりで中身のないのとは違って、ちゃんと「表現したいもの」が見えたもの。彼らは評価されるべきだ。あ、もう売れてるのか。

あとポップジャムの東京事変スペシャル。見応えあったよ。演奏の話だけに限定すると、もうね、圧巻。そーとーなもんですわ(前も書いたけど)。ちょっと格が違い過ぎる。全員やるべき事を理解できていて、その場その場で最高のプレイをしてるね。ジャムバンド並の緊張感だよ。確固たる世界観があるしねぇ。パフォーマンスもテクニックも非の打ち所がないです。おそらく世界的にもここまで洗練された音楽表現ができるバンドはそう多くないはず。一つの完成された芸術と言っていいでしょうね。素晴らしい。林檎ちゃん綺麗。

あとは頼んだよ

ゆかり様からミュージカルバトンを受け取りました。どうもどうも。
こういう一問一答形式のは、何かボケなければという強迫観念というか使命感みたいなものがある。それはもう小学生の頃からだから、性ですな。でも今回は真面目に答えよう。

1. Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

     306曲 1.51GB


2. Song playing right now (今聞いている曲)

     Jamiroquai / Talullah


3. The last CD I bought (最後に買ったCD)

     ぴちょんくん / リビング・イン・ハワイ


4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

     ・Van Halen / Can't Stop Lovin' You
     ・Mattias IA Eklundh / Apparatus
     ・Joseph Spence / I'll Overcome Some Day
     ・Going Under Ground / ランブル
     ・Sayaka Yamaguchi / April Fool


5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

     ・よしぉ氏
     ・*
     ・*
     ・*
     ・*


以上。

続きを読む »

我慢するということ

CDを2枚買いました。

一方はスキマスイッチの新曲"雨待ち風"。失恋バラードということで、なかなかに重い。うん、これですよ。つまり僕はこうした、内に秘める熱こそがスキマスイッチの真骨頂じゃないかなと思ってるんだ。前作のカップリング"さみしくとも明日を待つ"にも通じる、下からウネるような音楽。味わい深いものがあります。初回のDVDも彼らの素顔が見られて面白いよ。

そしてもう一方は、ぴちょんくん"リビング・イン・ハワイ"。
目に入ったからついつい手が出てしまったよ。ネタとして使うんだと言い聞かせながら・・(アホですね)。例のエアコンのCMソングなんだけど、ま~可愛いのは可愛い。カップリングの"ぴちょんくん音頭"辺りになると、そろそろ堪忍袋の緒が切れそうになるけども、そこは我慢です。大人ですから。

でも実際は、みかんぼうやの方が好きなんだけどね。

教育と私

NHKが番組内容を充実させるらしい。そうなると僕なんかはもうTVの前から離れられなくなって困る。よしぉちゃんの所で語ったように、無類の教育TVメイニアなのでねぇ。どの局よりも面白いと思うんだけども、別に誰の賛同もいらんよ。近頃は夜中にやってる高校講座理科総合に注目。目黒裕佳子さんの仕種がかわいい。ああいう理知的でいながら、ほんわかした雰囲気に弱い。
あれ~?番組の中身と関係なくなくなぁい?はい、その程度ですよ。

あと前々から推薦しているきょうの健康なんかは、益々活性化している。運が良ければ、中岡さんを1日に昼夜合わせて2回見れたりするから感動的。ま、昼のは再放送なんだけども、なかなか毎日完璧にチェックする訳にはいかないのでちょうどいい。あぁ彼女は女神に違いないとたまに本気で思ってたりする。
あれ~?また女性の話じゃなくなくなぁい?うんうん、正解。

ちなみにこないだは歯の話で、レジンという物質を知りました。
白いから歯によく馴染むし、自由に形を変えられるのが利点。光を当てて固めるってのも画期的だね。もう銀歯ギンギンにならなくて済む時代なんだってば。

入れ物探し

いつも使ってる鞄がボロボロになってきたので、買い換えたいんです。そんな時ちょうどユニクロの広告が入ってきて、1000円の鞄が載ってるじゃないですか。早速見に行ったよ。でもね、いかにも1000円風でしてちょっと・・・断念。

最近(かどうかは知らないけど)皆トートでしょ?あれは肩が凝りそうな気がしてどうも好きじゃない。僕は斜め掛け専門なのです(学生っぽいね)。でもそれももう飽きてきた。何か良いのないかな?オススメの鞄などありましたら、情報よろしく哀愁。ゴルチェにしようかな。嘘よ。

実家からDVDをいくつか借りてきてる。トム・ハンクス主演の"ターミナル"を観たよ。え~とね、イマイチ(笑)。演出がフジテレビ的で馴染めないよ。というかフジがハリウッド的なんだね。こないだノッティングヒルを観て「あぁ前にやってたスタァの恋って、ここからパクッたんやん」と思いまして、今後フジのドラマは見ない事に決めました。電車男にしても海猿にしても、あそこは商売商売ですな。あんなので質の高いものが作られる訳がない。今の草くんのも彼が出てなければ見る要素ゼロよ。お決まりのパターン、お決まりのBGM。あんなもんは小芝居だよ、下手なコントにしか見えない。まぁ松下奈緒さんは別として。

ダイナマイトだね~(プリンセスプリンセス風に)

友達の友達が結婚したという話を聞いたけど、6月だからか。なるほど。
6月=梅雨としか発想がいかないとこがダメだと思う。

ジャミロクワイの"ダイナマイト"買ったよ。もしかしてもしかして過去最高の出来かも!個人的にアルバム1枚通して満足できたのは今までなかったのよ。前回はポップでよかったけど、少しサウンドが軽過ぎてあまり響かなかった。でも今回は違う。サウンド的に非常にまとまってるし、軽過ぎず重過ぎずメロディアスな楽曲ばかり。もちろん踊れるしね。またしばらくジャミロ漬けじゃ~♪

このブログの右側に2日ほど置いてた音ログのflashは、あまりにも検索の間違いが多いので取り外しました。訳の分からんコンピレーション盤を表示されては困る。それに対抗して自分でAmazonジャンプ用ツールを作ったんだけど、完成してから全然カッコよくない事に気付いた。これも失敗。そもそも僕は嗜好が偏ってるから、アフィリエイトに向いてないんじゃなかろうか。そうかそうか・・。

光と影のシンフォニー

マッチ売りの少女

西宮市大谷記念美術館で開かれている"藤城清治の世界展"に行って来ました。夙川の近くにあって初めて訪れるから道に迷うかなと思ったけれども、そこは方向感覚抜群ですから問題なかった。夙川沿いは舗装がきちんとしてて快適ですね。春には桜が綺麗らしい。

で、感想。めちゃめちゃ良かった!(⌒▽⌒)
メルヘン&メルヘンなのでやはり女性に人気があるけど、僕もこういうの最高。版画とカラフル好きには堪らんね。本の挿絵から各市町村向けの大作や壁画まで、圧巻でした。技術的な所は言わずもがな(やけに語ってる人多かったけど・・)、観る者を否応なく和ませる藤城ワールドですよね、なんといっても。小人・馬・猫・魚・観覧車・木・楽器といった面々がレギュラーメンバーで(笑)度々登場。きっと彼らは作者の中にいるんでしょう。あらゆる色とモチーフがリズムを生んでいて(グルーヴ)非常に音楽的だと感じました。楽しげな作品からはマーチ、寂しげな作品からは風の音が聴こえてくる。作品を観るというより、聴いている感覚さえあって、そこが心地よいんですね。世界をここまで優しい目で見られたらいいだろな~と思った次第。

噂の藤城Tシャツもあったけど高いから買わずに(笑)結局図録だけ。銀河鉄道の夜の絵本を買っときゃよかったな、と帰ってから思いました。んん~。

朝だよ、おい

右のメニューのとこを見易くしようと、色んな所を回って必死でカスタマイズしてたら一日が終わってしまったよ。もう朝じゃないか!(汗)
もうすぐ出掛ける時間だ・・。

頑張ったんだろうな、と想像しながらクリックしてみて下さい。
あんまり変わってないぞとか言わないように。

異人

どうもこんにちは、関西のヒュー・グラントです。
今さっきTVで"ノッティング・ヒルの恋人"を観たよ。なので感想を・・と思ったけど、ま~ま~観ても観なくてもいいと思う(笑)。最初から分かってたこと。

中島らもさんの"異人伝"を読了。彼が自身の半生を振り返ってるんだけど、これ書いてすぐ亡くなってしまったからなんとも不思議な感じもある。どれだけ無茶をしてどれだけ破天荒でどれだけ繊細かが分かるよ。頭が物凄くきれる人だから、凡人には分からんものが色々あったのかも知れない。僕なんかは彼を心の師と思いつつも、正反対というぐらい消極的で正しい生き方をしてる。ま、これからどうなるか分かんないけど(笑)あんな破滅型ではないと思う。

だからどうした。僕が尊敬するのは、彼のストレートな目線。誰にも媚びてない。自分で価値観をゼロから築き上げてるから、物凄く消費するんですね。ある意味とても下手な生き方だと思う。だから魅力的なんだ。たぶん僕が惹かれるのは、そういう人だけなんでしょう。自分の目で見て、自分の言葉で話せる人。決して楽でない生き方をしている人。主義や思想を持たずニュートラルでいられる人。何か一つの方向性を持った集団に入ると楽でしょう。ぶつかり合わなくて済むから。でもその集団がずれていった時に、人はずるずると流されるだろうと思う。僕は子供の頃から所属することを嫌ってたんだけど、おそらくそういう所が引っ掛かってたんだと思う。集団真理に違和感を覚えていたらしい。
今後も精神的無所属であり続けたい。大変だけどね。

実体へ近付く

夜中に何をしてるかって、部屋の模様替え。
前回は納得のいかない状態で妥協した感もあったので、今回こそはと張り切っております。まだ全然終わってないけどね(午前4時半)。どうなる事やら・・

トップランナー面白かった~!切り絵の福井利佐さん。まさか中島美嘉の"MUSIC"のアレが彼女の作品だとは知らなかったよ。中島美嘉が言う「毒のある美」その通りで、かっちょエエわぁ。自分独自の手法を見つけた作家って強いよね。何処にでも入れるような確固たる存在感があるし、これからどんどん違う分野でも目にするんでしょう。楽しみだ~♪
応援します、綺麗な人だしね(そこかい)。

新日曜美術館の安井曾太郎もよかった。僕は一目見て、セザンヌが近いかなと思ったんだけど、なるほど探究心旺盛な方だったようで。写実を超えてしまってある種のデフォルメまでいってしまってる。ピカソもマティスも優れた画家は皆そうだけど、極力シンプルに余計なものを削ぎ落としていくんだよね。それで説得力が増すから凄い。また一度生で見たいな。

さようですか、さようです

Jamiroquaiの新作"ダイナマイト"が15日に出るがな!えらいこっちゃ!
こないだMTVのしょーむないなんちゃらアウォードに出てたけども、これの宣伝やったんやね。買わなアカンわなぁ。踊らなアカンわなぁ。せやなぁ。せやせや。

おぉ、そうこうしてるうちにまたアンパンマンが始まってしまった。ジャムおじさんの声って、マスオさんと同じなんだね。初めて気付いた。だからって、バタコさんの声がサザエさんと一緒かというとそうではないから気を付けよう。アンパンマンはいつも顔に何か液体を吹きかけられて「力が出ないよ~」と言ってるけど、そろそろ学習してもいい頃じゃなかろうか。鉄仮面かなんか被ったらどうかなと。ウォーズマン的な。顔以外はけっこう厚着なんだし、わざわざ欠点を晒さなくてもねぇ。まぁ少しだけイメージが変わるけれども、ヒーローが強いに越した事はない。

ドキンちゃんは峰不二子的なポジションやね。
とても女性的で魅惑的。幼児(♂)の心を鷲掴みやなぁ。せやせや。

主役の登場

ナメ夜中になって雨が降ってきました。
ベランダに出ると彼がいました。
そうだ、梅雨は彼らの季節なんだ。
ノソノソクネクネ歩く彼を
僕は黙って見守るだけ。

こうして見ると、イカの塩辛にも見える。
午前6時半です。

沖原

サマソニでNINが来日するらしいよ。今メールで知らせが来た。
元スマパンのビリー・コーガンも。あの人こないだバンド組んでなかったっけ?まぁ好きにしてくれ。グローバルな時代、誰だって来るだろう。ましてや和食ブームの昨今、外人は本場の味を求めてやってくる。どうせライブなんて二の次で、食う事ばかり考えてるんだ。なんやゆうたら「Sushi~Takuan~Sushi~」ですわ。頼むでほんまにぃ(勝手な想像ですが)。

北九州と関東だけ入梅したそうで。なんか変だけど、おめでとう。
一旦入ったらあとは出るしかないもんね。風呂みたいなもんよ(違うよなぁ)。
関西はいつになるんだろう?

阪神は金本のサヨナラHRで勝利。わ~い!(⌒▽⌒)
それより、沖原が楽天にトレードされたそうで、活躍して欲しいものです。阪神は二軍のレベルが高いから、他チームならレギュラーをはれるような選手が他にもたくさんいる。もったいないよねぇ。どんどん出て行くがよい(アカンか)。

"雨と夢のあとに"来週いよいよ最終回です。号泣する準備は出来ている。

君を虜にするぜ

にわかに盛り上がりを見せる、ぶりとだいこん。
僕自身は何も変わらず、むしろ退化する一方なんだけども、おかげさまで見ていただける方が増えました。地道な布教活動がようやく実ったとでもいいましょうか。今まで生きてきた甲斐があったというものだよ。泣けるね。ウワァ~ン。

今日はゼミの日。また論文を読み切れてないままの発表なので、適当に巧みな話術で笑ってごまかした。これもそろそろ限界だと思う。来週こそはクールに決めたい。適度な緊張を保ちながらも鼓動を乱さない。ブレスのタイミングに狂いがないから、自ずと言葉にリズムが生まれる。精度の高い語句選択が簡潔明瞭なプレゼンテーションを可能にする。声のダイナミクスは堂に入っており、時に朗々と力強く、時にささやき掛けるよう。これには興味のない者でも耳を傾けざるを得ない。表情も豊かだ。悩ましげで不安げな表情、心から楽しんでいるかのような笑み。時折キラリと見せる白い歯は、受け手を魅了してやまない。・・・こういう発表が理想です(無理か)。

図書館に寄って"MdN"という雑誌(有名っぽい)を見る。イラスト関連なんだけど、なかなか勉強になるよ。PhotoshopとIllustrator入手しようかな。自分が何処に向かってるのか、さっぱり分かりましぇん。

ザ・ラスト・ワン

そういえば画像の加工だかなんだかを依頼されてたんだった。忘れてないけど覚えてないフリをしてた。忙しくないのに時間がないフリをしていた。明日から頑張ります。今日はこれからやる事があるので。ホントにホントに。

Wカップ出場決まりましたね!おざーす!(おめでとうございます)
正直言って、大黒が決めた時にはバットマンを見てたりしたのでいまいち感動が薄いんだけども、まぁいいさ。結果オーライ。なんたって同点の9回、今岡の満塁ホームランが凄かったよね。それもまた違うけど。

ところで、野球を見てると松坂世代(24~25歳)が活躍しまくりなのです!
どの球団にも必ずといっていい程、質のええ選手がいます。こらえらいこっちゃ。なんでかって僕も同年代だから。確実に遅れをとってるよ。まだ表に出てないけど、今にそのうち・・って言えるぐらいの技術も身に付けてない。やばいなぁ。僕なんかは「松坂世代最後の大物」と言われたい派なんだけどなぁ(はいはい)。精進じゃ精進じゃ。

はかないねぇ

ちょっとアフィリエイトではしゃぎ過ぎてしまいました・・(-_-;)
とあるサイトでMOMAの商品を見ましてね、「あ!これエエがな」と取り入れる事にしたんだけど、いくらなんでも並べ過ぎ。これじゃ商売にはならないと思う。とはいえ、今までが地味だったから賑やかになっていい気もする。

今日は実家に行くついでにブックオフへ。ラッキーなことにNine Inch Nailsの"Fragile"を激安で発見!迷いなく買いました。たしか以前よしぉ氏がオススメしてたはずだ。実はうちの従兄妹もNINが好きらしいんだけど、ほとんど聴いた事がないので話題についていけてなかった。これで僕も仲間入りさ。ブックオフから軽蔑されてるんじゃないかというような値段だった(笑)。

あとモブ・ノリオ氏の"介護入門"とPrinceのアルバムが250円だったので入手しておきました。あ~今日も安物ばかりで楽しい。

買い物の話だけかい。

叩け叩け叩け

「今日は雨が降るらしいから出掛けなさんなや」と祖母に止められたんだけど、昼間はどう見ても晴れていたので出掛けたろうかなと一瞬思ったけれども、TVで阪神戦も始まったしまぁ今日の所は大人しくしてようとしてたら、夕方になって急に曇ってきて何やら遠くの方から奇怪な音が聞こえてきた。耳を澄ませば雷も聞こえるけれども、変な音とは別だ。なんなんだろう?と思ったのも束の間、「バッララ!カラン!ドン!バラッラ!コン!コン!」ってこれ雹(ひょう)ですやん!ひょえ~!凄まじい勢いで屋根を叩く彼ら。誰かが石を投げつけてるかのようだった。驚いたよホント。祖母を信じて(?)外出しなくてよかった。こういう時に写真で伝えられたらいいのに、そこまで頭が回らなかったよ。とほほ・・。

では「私は雹(ひょう)に打たれた事がある」という方、スイッチ・オン。
スイッチないけど。

約束

松下奈緒「約束」松下奈緒さんが好きだという話をしたら、友達に「向こうもぶりが好きだといいね」と言われました。あーそうか、そういえばなんとなく向こうも気がある感じがしてきた。というか前々から僕を意識してるような仕種を見せていた。なんだ、両想いじゃんか。おめでとう。ありがとう。という訳で彼女のDVD。いいともで絶対音感があるという話を聞いてイチコロです。絶対音感って否応なしに惹かれる。あぁ絶対音感。「あなたってB♭マイナースケールで話すのね」とか言われたい。このDVDには彼女自身が作曲・演奏した楽曲も収められてるらしい。内容はともかく、そこだけはチェックせねばね。ちなみに「宇宙戦争ってなんなの~」でお馴染みのAsk.jpは、わりと使い難かったけれども、それはきっと僕に落ち度があったんだろうと思うから、ここだけの話として皆さんの胸にしまっておいて下さい。

バーレーンタインの負け、前のめりの金曜

勝った勝った。バーレーンに勝った。ロッテに勝った。中田がやっぱ凄いよね。あと今岡の勝負強さ。久保田もしっかり抑えたし、1点でよく凌いだなぁ。
あ、しまった。話が交錯していたよ。(注:阪神・ロッテ戦とWカップの話)

トラックバックして下さった方の繋がりでミリオンダラー~の皆のレビューを見てるんだけど、あらすじを書いてる所が多くてつまらない。意味あるのか?あれは。誰に対して書いてるのかがよく分からない。まだ観てない人は読みたくないだろうし、既に観た人は読み飛ばすだろうに。感想だけ書いたら楽なのにね。ちなみに僕のレビュー(映画に限らず)は体感してない人を対象にしてます。なるべく広く捉えられるように、大袈裟に書いてるような気もするけど(笑)。説明するものではないし、受けた印象さえ伝わればいいよね。

今夜、いよいよ"雨と夢のあとに"最終回だな~大丈夫、泣く準備はできてるぜと思ってたら、全然違ってました(汗)。実は先週もそう思ってたんだけども、僕は何を急いているんだろう・・?まだ6月だもん、そりゃ終わらんよね。雨ちゃんが可愛い。

キネマ的なのは雨の日だった

6月に入ったら早速雨かい。雨の日は僕の頭が大泉洋さんのようになってしまうので困る。おそらく他人は気にしてないだろうけど、僕はけっこう気にしている。あと雨の日はトイレが近くなるのは・・・僕だけだね。いいさ、放っといてくれ。

今日はゼミ。二週連続で論文を読み切れてないまま発表しとるんですが、皆どう思ってるんだろう?まぁいい加減な奴だと思われても、その通りだから別に構わないけど。ゼミが終わって気が向いたので図書館へ(学校のね)。そしたら友達にばったり鉢合せ!めちゃめちゃ久しぶりに心を開いて話した訳ですが(笑)まぐれって凄いね。なんかオススメ映画言ってたな~なんだったかなぁ・・?いつも映画情報もらってるのです。

論文を探すついでに(?)キネマ旬報を読んだ。オダギリ特集。爆笑問題との対談はなかなか読み応えがあったよ。僕も太田さんが言うように、彼には他の若手にはないものを感じる。というか、比較の対象になる俳優なんて見当たらないんだけども(個人的に)。陰があるとこがいいね。

モ・クシュラ

1日にミリオンダラー・ベイビー観て参りました。
こんなに感想の書き難い作品もなかなかないんじゃないかと思うんだけども、何かしら書かないとね。あまり参考にはならないでしょうよ。

余計なものが一切ない。小手先のテクニックでないからズシリと重い。よしぉちゃんの言う通り、涙系の作品ではない。むちゃくちゃ大雑把に捉えれば、いわゆる"救い"を描いてるといえるのだろうけど、そう単純ではないしなんとも形容し難いもの(ある意味ショッキングな)があります。思い浮かべるのは「海辺のカフカ」。あの作品にはそれぞれ大切なものを喪い、またそれぞれのやり方で救われる人達が出て来ます。人は生きている限り、あらゆるものを喪い続ける。そしてそれが決定的な場合もある。たとえ生き長らえても癒えることはない。しかし何かのきっかけで、誰かとの繋がりで、人はしかるべき場所に辿り着く事ができる。人はどんな悲しみをも包んでしまう存在を見つけられるんですよ。作り出せるんですよ。

・・だいぶ抽象的でずれた感じもしますが、そんな映画です(どんなだ)。そもそもあまり語る必要がないと思う。語らずに胸に刻むような作品。観終わってからさらに深く染みていく。アカデミーもわりに捨てたもんじゃないよね。

 | HOME | 

« 2005-06 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ここ最近の話

コメンツ

トラックバックス

種別

月別

情報








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。